3D立体構造のブラジャーが登場! 美乳を形状記憶させる驚きのヒミツって?

 胸のサイズは変わらなくても、年齢とともになんだか上半身のシルエットが崩れてきたな……というのは、多くの女性が抱える悩みの1つ。Tシャツなどの薄着が増えてくるこの季節、いくら胸のサイズが盛れていても、余分なお肉を感じさせるシルエットは男性にとっての萎えポイントだそう。この余分なお肉は、年齢とともに筋力が衰えバストにお肉がキープできず、脇に脂肪が流れてしまっているのが原因。とはいえ、なかなか年齢に自分の力だけで抗うのは難しいのでお助けアイテムを探していたところ、力強い味方になってくれそうなアイテムを見つけました。

glamorous05.jpg
左が通常、右がグラマラスナイトブラ


 この「ゴシップガール グラマラスナイトブラ」は、夜に着けて寝るだけで、「胸が小さい」「谷間がほしい」「胸が垂れてきた」「後ろ姿に自信がない」という悩みまで幅広く解決してくれる美乳作りのスペシャリストのようなアイテム。夜に着けて寝るだけで、脇や背中についてしまったムダ肉をバストに集中し、くっきりした谷間を作ってくれるんだそう。人間は人生の3分の1を睡眠時間に使っているというだけに、その時間に理想のおわん形バストが作れるなんて魔法のようなアイテムですね!

 「ゴシップガール グラマラスナイトブラ」の特徴はフロントにある三段階のホック。脇から流れてしまったお肉をクロスで寄せて、寄せたバストを立体形状パッドで持ち上げてキープします。背中にホックがない作りのため、寝ている間にホックが当たって痛いこともないですし、幅広の肩ひもはレースのパイピング仕様のため、食い込むこともなくつけ心地も抜群。ノンワイヤーで寝ている間も快適そうです! 

glamorous06.jpg
フロントにぐいっと肉を寄せるのがポイント

 また、高級感あふれる作りですごくかわいいデザインの上、ボリュームが足りなければパッドを追加して使うことも可能なので、日中もばっちり使えます。万一いきなりお泊まりなんてことになっても安心ですよね。

 とあるアンケートによると、男性が女性のバストで一番気になる部分は大きさや質感を抜いて“形”だそう。「ゴシップガール グラマラスナイトブラ」でキレイなバストをキープしつつ、マッサージやサプリ等で外部からのケアをしてあげるとより高い効果がありそうですね。今なら2枚買うとダイエットも一緒にできちゃう甘~い香りの「ココナッツオイル入りラテお試しサイズ」を、3枚買うと美脚をプロデュース「ゴシップガールレッグメイクスリムトレンカ」がついてくるそうなので、迷っている人にはチャンスかも。

 着けて寝るだけで美乳がゲットできる「ゴシップガール グラマラスナイトブラ」を使うことで、自分の中の女度もアップしそう。最も女性らしさがアピールできるバストを育てて、この春は自信を持って出かけましょう!

ゴシップガール グラマラスナイトブラ

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  10. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  11. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  12. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  13. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  14. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. キャラ変え好調の乙武洋匡
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  19. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー