仁科友里の「女のためのテレビ深読み週報」

「ゴールインしなさそう」濱口優と南明奈カップルに見る、結婚をめぐる男女のすれ違い

yoikoHP.jpg
よゐこオフィシャルサイトより

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな芸能人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今回の芸能人>
「結婚なんて勢いだよ」北斗晶
『SMAP×SMAP』(フジテレビ系、2月16日放送)

 芸能人カップルの結婚(離婚)予想は私の趣味なわけだが、「この人たち、結婚はないだろう」と思っているのが、お笑い芸人・よゐこの濱口優とタレント・アッキーナこと南明奈である。

 2人の交際が始まったのは、昨年の2月。アッキーナがブログで交際を発表、続いて、濱口も出演したテレビ番組で交際宣言した。18歳年下女性との熱愛もさることながら、濱口はここで「モテ男」の地位を確固たるものとしていく。取り立ててイケメンというわけでもなく、冠番組を何本も持っている芸人というわけでもないが、過去に小倉優子、本田みずほ、倉科カナなどきれいどころばかりを彼女にしている。

 どうして濱口ばかりがモテるのか。加藤浩次はその理由を「抵抗なく女を褒める」と分析していた。確かに、濱口は褒め上手である。昨年放映された『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)で、いつもとメイクを変えた大久保佳代子に気づいて、褒めることができるかという「ホメニズム選手権」という企画があったが、ナインティナイン・矢部浩之、加藤浩次はそれに気づきすらしなかったが、濱口はいつもとの違いに気付き、「いいんじゃない?」と褒めた。

 「女性を褒めない」日本という国において、褒め上手はモテる原因となるだろうが、濱口がモテるのは、「女に我慢をさせないから」ではないかと私は思っている。

 好きな人ができて、交際に至ると、女性は新たな「我慢」を背負う。髪を切ったことに気づいてもらえなくても、誕生日やクリスマスに仕事だから会えないと言われても(もしくはプレゼントをもらえなくても)、「気にしてないよ」と笑顔で言わなくてはならない。理由もなく愛されているのか不安になったり、浮気しているのではという妄想にさいなまれても、それを相手にぶつけては、別れが近くなるだけだ。好きだから相手に頼りたいのに、頼ると嫌われるのではないかというジレンマを女性は抱えている。

 しかし、濱口は違う。「かわいい女の子に振り回されるの大好き」と本人が語るように、夜中でも彼女に会いに行く。次の日に朝早い仕事があっても、彼女が落ちつくまでそばにいる。イベントもサプライズも大好きと、メンタル的に至れりつくせりである。ストレスフルな女性芸能人たちが、濱口にはまっていくのも頷ける気がする。

なんでアゲチンになりたいという男を見たことないんだろう

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  6. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  7. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  8. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  9. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  10. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  11. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  12. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  13. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  16. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  17. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  18. 違法ギャンブル逮捕に狩野英孝が冷や汗
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?

オンナの[裏]掲示板人気トピック

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー