美熟女として復活!?

表情はオバサンなのに!? 「パリス・ヒルトン史上最高にセクシーな写真」が話題に

parisselfie.jpg
パリスのインスタグラムより

 「世界的ホテルチェーン、ヒルトンホテル創業者一族の令嬢」という生まれながらのセレブで、見事なまでのナルシスト&ワガママ娘として2000年代前半に人気を博したパリス・ヒルトン。05年には銀幕デビュー、06年には歌手デビューを果たしたもののどちらも不評で、「パリスが最も適している職業はセレブ」「レッドカーペットでドヤ顔さえしていればいい」と言われるようになった。日本を含むアジアでも絶大な人気を誇り、世の中を舐めきったような微笑みで、多くのファンを魅了。しかし、07年に飲酒運転で有罪となり、保護観察を受けている際に免許停止中なのに運転をし、収監されてから人気は低下。11年には「お騒がせセレブとして、キム・カーダシアンに抜かれた」と言われるまで低迷するようになった。

 とはいえパリスは我が道を進み、「ゴージャスなセレブライフ」をインスタグラムなどで披露。また12年にDJデビューを果たした際には、散々な腕前で酷評されたにもかかわらず、本人はイケると確信し、DJ活動に力を入れるように。多くの客を呼び寄せ、喜ばすことができるパリスは1億円以上の報酬を得ているとも報じられている。

 そんなパリスが1月3日にインスタグラムに投稿した写真が、「パリス史上最高にセクシー」と話題になっている。写真は高級ホテル「ウィン・ラスベガス」のスパで、iPhoneを使って撮影したセルフィー(自撮り写真)。すっぴんにバスローブを羽織っただけの姿なのだが、胸の部分が不自然にはだけており、豊乳疑惑のある大きな乳が存在を主張しているのだ。パリスはこの前後にも、マリリン・モンローを意識した美しい写真などを投稿しているのだが、このセルフィーは他の写真をぶっちぎり、8万4,000もの「いいね!」を獲得。コメント欄は、「ホット」「スーパーセクシー」「完璧」と彼女をたたえる言葉で埋め尽くされている。

 絶賛する声が多いが、この写真のパリスはいつものパリスらしくない老けた表情で、まるでメリル・ストリープのようなおばさんオーラが漂っている。ネット上でも、「母親そっくりになってきた」「老けるの早いね」など、このことを指摘する声が上がっている。

 実は昨年3月にインスタグラムに投稿した自撮り写真も、「パリス史上最高にセクシー」だと話題になっている。この時のパリスは目の縁を黒のアイライナーでぶっとく一回り塗った顔で、まるでモデルのカルメン・エレクトラのようだった。

パリスらしくない顔が「パリス史上最高にセクシー」と絶賛されるのは残念だが、彼女も来月で34歳。中年熟女へと顔が変化していくのは仕方がないことなのだろう。インスタグラムにはロサンゼルスの自宅ベッドで愛犬のティンカー・ベルと一緒に撮影した写真も投稿されているのだが、そのティンカー・ベルもかなり老けたように見え、時の流れを感じずにはいられない。「イマイチなすっぴんがいい!」というのは、自然なパリスがそれだけ好感が持てるということ。今年はひょっとするとDJパリスとしてだけでなく、“おばさんなパリス・ヒルトン”として再ブレイクできるかもしれない。

悲しいほどペチャパイだった時代はどこへ?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  5. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  6. 『カウコン』意外な舞台裏
  7. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  8. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  9. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  10. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  16. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  17. 新春ジャニオタ放談
  18. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  19. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  20. 芦田愛菜、テレ東深夜転落

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 新春ジャニオタ放談
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー