久々の“ちゃんと”ブレイクした若手!

福士蒼汰『きょうは会社休みます。』だけじゃない、バラエティでも高視聴率連発中!

soutahukushi.jpg
『Blue』(ワニブックス)

 現在放送中のドラマ『きょうは会社休みます。』(日本テレビ系)で、人気急上昇中の福士蒼汰。“こじらせ女子”のヒロイン・綾瀬はるかの年下彼氏・田之倉悠斗役で、そのイケメンぶりに胸をときめかせる女子が続出。ドラマの視聴率は初回に14.3%(ビデオリサーチ調べ、 関東地区/以下同)を記録後、2~4話には17%台を獲得しており、テレビ情報誌では「田之倉ブーム」の特集が組まれるほど勢いに乗っている。
 
 2011~12年放送の『仮面ライダーフォーゼ』(テレビ朝日系)でドラマ初主演を務め、昨年大ヒットしたNHK連続テレビ小説『あまちゃん』で一気に人気・知名度が上昇した福士。最近ではドラマの番宣や、11月15日公開の映画『神様の言うとおり』の宣伝を兼ね、バラエティ番組への露出も増えている。17日に放送され、福士がゲスト出演した『しゃべくり007秋の最強2時間SP!』(日本テレビ系)は、13.8%で同時間帯トップを記録。ドラマだけでなくバラエティの方でも好調といえそうだ。

「11月6日放送の『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の『新・食わず嫌い王決定戦』では、福士が二階堂ふみと対決していましたが、こちらは11.4%を記録。10月の同番組の通常放送は9.1%(16日)、9.2%(23日)、9.5%(30日)と3週連続で1ケタでしたが、福士登場回の6日で2ケタに回復。『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系、22.2%)、『秘密のケンミンSHOW』(日テレ系、11.5%)の裏で、健闘しました。さらに、素顔に迫るトーク番組『A-Studio』(TBS系、11月14日放送)も、福士の登場回は10.3%で同時間帯トップに。今年は東出昌大、舘ひろし、EXILE・HIROに続いて4人目の2ケタで、同番組も約4カ月ぶりに2ケタ視聴率となりました」(芸能ライター)

 また、公開したばかりの主演映画『神様の言うとおり』は、週末興行成績ランキング(11月15~16日、興行通信社調べ)で、首位を獲得。川口春奈とダブル主演した7月公開の映画『好きっていいなよ。』も、8月に興行収入が10億円を突破し、動員数も80万人を超えた。

「川口は昨秋放送の主演ドラマ『夫のカノジョ』(TBS系)が平均視聴率3.8%と大コケしていたため、この予想外のヒットにはネット上で『福士効果ではないか』という声が上がったほど。『きょうは会社休みます。』で人気が爆発している中、12月3日には『好きっていいなよ。』のBlu‐ray・DVDが発売されるため、こちらの売り上げにも期待ができそうです」(同)

 所属の研音は唐沢寿明、反町隆史、竹野内豊、沢村一樹らが所属する事務所だが、若手俳優では群を抜いて“稼ぎ頭”になっている福士。フィーバーはいつまで続くのか、今後も活躍に注目したい。

まだ足場が不安な時期でもあるね

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  9. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  13. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  14. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  15. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. 『カウコン』意外な舞台裏
  19. 嵐・松本に「またAV女優」と幹部激怒!?
  20. “意外すぎる”不倫常習犯タレント

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー