マイリーはスピーチに感涙してたのに!

M・サイラスが『VMA』授賞式でスピーチさせたホームレス、実は指名手配犯だった!

mileyjesse.jpg
マイリー・サイラスのインスタグラムより

 24日にロサンゼルスで開催された、米MTV主催の音楽賞『2014 MTV Video Music Awards』(以下、VMA)。昨年のVMAでは、お騒がせ歌手のマイリー・サイラスがロビン・シックの股間に自分の尻をなすりつけ、腰を激しく振るお下劣ダンス“トゥワーク”を披露し全米を唖然とさせた。昨年、マイリーはヨーロッパ版VMAである『EMA』の授賞式スピーチでもマリファナを吸ったために激しいバッシングを受けたが、今年は一体なにをするのかと熱い注目が集まった。

 マイリーの受賞が予想されていた最優秀ビデオ賞の受賞者名を、人気司会者のジミー・ファロンが「マイリー・サイラス!」と読み上げると、マイリーはこの日同行させていた無名の若い男性と一緒に立ち上がり、ハグをした。そして、男性は1人だけで登壇。トロフィーを渡そうと戸惑うジミーを横目に、マイクを受け取った男性は「みんなありがとう」と言い、手にした紙を見ながら、「私の名前はジェシー。まさに今、飢えに苦しみ、途方に暮れ、怯えている、全米160万人の家出少年少女や若者ホームレスたちを代表して、この賞を受け取ります」とスピーチをスタート。ざわついていた会場はシーンと静まり返った。

 続けて、ジェシーは、「彼らの気持ちがわかるのは、私も彼らの1人だからです。私はこの町中のシェルターを渡り歩き、生き抜いてきました。あなたが泊まるホテルを掃除し、映画のエキストラをしてきました。私はあなたたちの人生におけるエキストラなんです。道にいる私のことなんて目に入らないでしょうけど、今夜、あなたたちの多くがここに持ってきたたくさんの夢と同じ夢を、私も持っています」と言い、壮絶な人生を歩んできたことを示唆した。

 「“エンターテイメント界の首都”であるロサンゼルスは、全米で最も多く若者ホームレスがいる町です。音楽業界は今年70億(約7,280億円)ドルもを売り上げましたが、外を見れば、5万4,000人が帰ることができる家を、家と呼べる場所すら持っていないのです」「もし、あなたがこの世を変えたいと思ったら、ぜひ、マイリーのFacebookのページにアクセスして、このチャリティ活動に参加してください。1人で見る夢は夢のままだけど、みんなで見る夢は現実となる。みなさん、私の話を聞いてくださってありがとうございました」とジェシーがスピーチを終えると、会場は拍手喝采。涙を拭いながらスピーチを聞いていたマイリーも、立ち上がり拍手を送った。

 ハチャメチャな言動で叩かれることが多いマイリーだが、チャリティ精神は旺盛で、これまでさまざまな支援活動に参加してきた。今回も若者ホームレスを救いたいと、ホームレスシェルターで知り合ったジェシーを連れてきたとのこと。しかし、ネット上にはホームレスには到底見えないジェシーを疑う声が多く上がり、メディアは取材を開始した。

「いいことしてる自分に酔ってる系」はどう言っても聞き耳持たず

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  11. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 新春ジャニオタ放談
  14. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  15. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  16. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  17. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 薬丸裕英から家族すらも去った?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー