バカにするならとことんトントン!

ビヨンセ妹の暴行映像で米ネット民が大喜利スタート! あのハイブランドも広告のネタに?

jay-b.jpg
「アニヤ・ハインドマーチ」とお得意の包括的CM契約を結ばないと!

 ニューヨークの高級ホテルのエレベーターで、義妹ソランジュからボコられる情けない映像が流出してしまったジェイ・Z。15日になり、ジェイとソランジュ、そしてビヨンセの3人が連名で、「家族ならではの問題。どの家族でもあるような取るに足らないことで、すでに解決済み」「今回の問題はジェイとソランジュ、双方に責任がある。でも家族ならではの問題だから深刻なものではない」「私たちはもう忘れることにしたから、みなさんも忘れてください」という、やや上から目線の声明を発表。防犯カメラの映像を流出させたホテル従業員はクビになり、ホテルから法的に訴えられるようだとも報じられ、騒ぎは収束しつつあるように見受けられる。

 しかし、音楽界の女王ビヨンセがしらけた様子で見守る中、かつてはハードコアなギャングスタ・ラッパーだった大物プロデューサーのジェイが、女の子のように身をよじらせながら17歳年下のソランジュに暴行されている姿を映した防犯カメラの映像を、ネットユーザーたちが笑いのネタにしないわけがない。ネット上では収束するどころか、お祭り騒ぎとなっているのだ。

 報道直後、Twitterではいち早く「ジェイ・Zがソランジュになんと言ったのか(#WhatJayZSaidToSolange)」というハッシュタグが作られ、3人を笑いものにするツイートが乱舞。「いいかげんビヨンセの妹って呼ぶのやめてよ!」「わかったよ、これからブルー・アイビー(編注:ビヨンセとジェイの愛娘)のおばさんって呼ぶよ」や、「このエレベーター全然動かないわ。終わってるわ」「おまえの音楽キャリアみたいだな」というもの、短気でケンカっ早く、現在刑務所に入っているクリス・ブラウンと握手するジェイの写真に、「ジェイ:ソランジュは6階の229号室だ クリス:任せとけ」という台詞をつけたもの、ジェイのヒット曲「99プロブレムス(オレは99もの問題を抱えているという意味の曲)」にちなんで「100になっちまった……」というもの、ジェイの親友カニエ・ウエストが車の中でのんきにアイスクリームを食べる写真に「(キム・カーダシアンの妹)クロエは賢いから大丈夫だよ~ん」というキャプションをつけたものなど、やりたい放題で大喜利状態となっている。

 動画投稿サイト「YouTube」にも、騒動を再現したアニメ動画がアップされた。「私をちゃんと売り出して」と怒鳴るソランジュに対して、「お前には才能がないんだよ」「前回のアルバムも最悪。確かゴミ箱の中にあるけど」と暴言を吐くジェイや、そんな2人をほろ酔い気分で無視するビヨンセが絶妙で声も似ていると人気を集めている。今回の騒動が報道された直後に、ハードコアラッパーの50セントがネットに掲載した防犯カメラ映像に「ファック、ファック、ジェイ、ファック」という声をつけた動画も、相変わらず人気だ。

 ネット上でまさに旬のネタとなっている今回の騒動だが、このネタを広告に使うという猛者まで登場しており、ちょっとした論議を醸している。

 流出した映像には、ソランジュが手にしていたクラッチバッグでジェイを繰り返し殴り、その勢いでバッグが床に落ちてしまい中身が派手に飛び出るというアクシデントも映し出されていた。バッグは壊れることなく無事で、ソランジュはその後ムスっとした表情でバッグを持ちパーティーに出席。ネット上で、ずいぶん頑丈なクラッチバッグだと話題になった。

 このクラッチバッグだが、イギリスの高級バッグブランド「アニヤ・ハインドマーチ」のもので、19万4,400円と高額な人気商品“クリスプ・パケット”。日本でも人気のある高級ブランドなのだが、そんなハイクラスのブランドが、明らかに今回の騒動をネタにした新広告を打ち出したのである。

 その新広告はブルーの“クリスプ・パケット”がデカデカと写っているもので、商品名の下に小さく「戦う価値あり」という文字がある。表向きは、「すぐに売り切れになる人気商品だから、ほかの女性を押しのけて頑張って手に入れて。そんな努力をする価値があるものよ」という意味なのだろう。ソランジュがあの夜、持っていたこのクリスプ・パケットはゴールドで、広告のものとは色も違う。しかし、今このタイミングでこの広告を出すということは、明らかにソランジュがこのクラッチバッグを使ってジェイに戦闘攻撃をしたことを意識しており、「高級ブランドなのに下品」「なかなかユーモラスでいい」と賛否両論となっている。

 今回の騒動により、ソランジュが過去に起こした高飛車でビッチな言動も掘り起こされつつあり、当人たちにとってはまさに踏んだり蹴ったりの状態。騒動の直後にビヨンセとソランジュは2人の仲良し姉妹写真を写真共有アプリ「インスタグラム」に掲載、13日にはジェイとソランジュがニューヨークの高級宝石店に繰り出すという姿が目撃されたが、ネット上では「仲直りのアピールに必死」だと鼻で笑われており、今は何をやってもマイナスにしかならないようである。

 完璧なおしどり夫婦だと伝えられてきたビヨンセとジェイだが、実はどこにでもいる夫婦のように細かい問題を抱えていたことが浮き彫りとなった今回の騒動。共感が持てるという声も多く上がっているが、まだ当分はネタとして笑われることだろう。

「オレは神だぜぃ~、義妹ぐらいうまく扱えるぜぃ~」

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク