「タレント本という名の経典」

磯山さやか『ぽちゃモテ!』に隠された、女に嫌われないモテ方の極意

pochamote.jpg
『ぽちゃモテ!』/宝島社

――タレント本。それは教祖というべきタレントと信者(=ファン)をつなぐ“経典”。その中にはどんな教えが書かれ、ファンは何に心酔していくのか。そこから、現代の縮図が見えてくる……。

 タレントの石田純一は、ともかく女性を褒めることを信条にしているそうだが、褒め言葉が浮かばない時は「痩せた?」と言うそうである。「細い=美しい」という価値観が、いかに浸透しているかを物語るエピソードだが、近年その価値観を覆す動きが出てきた。「ぽっちゃりブーム」である。古くは長谷川理恵、蛯原友里や山本美月など人気スレンダーモデルを輩出してきた「CanCam」(小学館)においても「ぷに子(筆者注:丸みがあってさわりたくなるような、ぷにっとした女子のこと)」特集をするなど、ぽっちゃりを礼賛する動きが出てきている。

 「ぽっちゃりブーム」は本当なのか。ぽっちゃりは本当にモテるのか。その謎を解き明かすヒントとなるのが、磯山さやかがぽっちゃり女性に向けて、どうすれば愛され、可愛くなれるかを指南した本『ぽちゃモテ!』(宝島社)である。ぽっちゃり「なのに」モテるのか、ぽっちゃり「だから」モテるのか。ぽちゃとモテの間に省略された、肝心な言葉が何か、興味をそそる。

 磯山いわく、ぽっちゃりと太っているの境界線は、数値ではなく「自分がどう思うか次第。気持ちが卑屈にならなければ、ぽっちゃり」だそうだ。グラビアアイドルとしてデビューした磯山は、最初から現在のぽっちゃりポジションに安住していたわけではなく、「周りの女のコが細いから、それと比べて昔は余計気にしていた」「リンゴダイエット、ウォーキングに挑戦。炭水化物抜きダイエットをして(痩せたけど)フラッフラになった」など、痩せる意志のあったことを告白。

 しかし、いざ痩せたものの、ファンから「前の方がいい」という声が寄せられ、ぽっちゃりが個性だったと気付くきっかけになったそうである。

 そんな磯山は「愛されキャラ」だそうで、親交の深い人々がメッセージを寄せている。しかし、それら全てに目を通すと、ぽっちゃりな磯山が本当にモテているのか、どうにも疑問である。

 例えば、磯山が公認サポーターを務めた縁で交流があるヤクルトスワローズの宮本慎也選手は「ぽっちゃりは中年男性にはいいと思います!(笑)」とコメントをしているが、これは「若い人にはモテません」と取れないこともない。ツッチーこと土田晃之は、「天真爛漫なキャラで良くも悪くも隙がある」と磯山を分析するも「モテてるのかな~、カモにされてるのかなぁ~(笑)」と100%モテ認定はしない。一緒に北海道のロケに行った、ビビる大木は、「ラーメン屋の女将さんが、こういう女性と結婚すると幸せになるわよと言っていた」と明かしながらも、磯山ではなくスレンダー美女である元Folder5のAKINAと結婚している。ロンドンブーツ1号2号の淳に至っては、「とにかく丸い!いろんなところが丸い!すべてが丸い!丸いことイコール磯山さやか」と愛されているエピソードや理由について触れることもしてない(そして妻はスレンダーな元モデルである)。男性として磯山に魅かれていることが伺えるのは、宮本選手の指摘どおり“中年どストライク”であるダチョウ倶楽部上島竜平の「本当にオレ、好きなんですよね」と、ぽっちゃり女芸人・渡辺直美との仲をうわさされた平成ノブシコブシ・吉村崇の「いつになったら、吉村を抱いてくれますか?」2つのみである。

ぽちゃモテは、一瞬の夢だったね……

しぃちゃん



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

磯山さやか『ぽちゃモテ!』に隠された、女に嫌われないモテ方の極意のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! タレント本という名の経典ぽちゃモテ!磯山さやかのニュースならサイゾーウーマンへ!