今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

KAT-TUN・田中聖解雇で、ジャニーズ事務所「チン禁止事項制定」の予感

kouki-04.jpg
この凄み、ジャニーズの歴史にちゃんと刻まれたよ

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎聖が咲ける場所
 KAT-TUN・田中聖解雇。「法律違反はしておりません(事務所談)」とのことだが。某連合絡みの飲食店経営、事務所を介さないDJ仕事、刺青、女性問題……。度重なる禁止事項違反で、ポイントがたまっていっぱいに、ということらしいけど。なかなかポイントカードっていっぱいにならないもんだが。今後は禁止事項に「真珠のはめこみ」も加えられるかもしれん。事務所所属前に「ジャニーさんチェック」が入ったりして。ホクホク。もうそんな気力もないか。

 それはともかく、彼は画像の数がすごいな。芸能人、それもジャニーズタレントとして考えられない「やんちゃ」な画ヅラの数々。タレントなんて、もともとそうしたヤンキー的要素が強い人間が多いとは思うが。彼の場合、それが強すぎるというか。アイドルとして生活していくうちに、そうした「やんちゃ」はだんだんなりをひそめ、もっと合理的に、遊ぶ場所なり遊び方なり、芸能人であることを楽しむ方向にスライドしていくものだと思うのだが。彼はあくまでも「ヤンキー>アイドル」。気質がべらぼう。イイところで遊んでチヤホヤされてる方がラクだろうに。逆にいえば、ここまで芸能界に染まらないタマってのも、なかなかスゴい。震災の時いきなり物資を子どもに運んだ、なんてエピソードを聞くと、つくづく「フツーのヤンキーのニイちゃん」って感じである。元いた場所で咲きなさい。「芸能活動は続ける」らしいが、「メンズエッグ」(大洋図書)も休刊だし、困ったもんだ。とりあえず、『5時に夢中!』(TOKYO MX)は、いつでも田中聖さんを待っている。はず。

 しかし、櫛の歯が欠けるようにメンバーがクビになっていくアイドルグループってのも味わい深い。ここらでひとつ補強が必要だな。みのもんたの次男と、内山麿我あたりどうか。匂い似てるし。あ、みのもんたの次男は即「契約違反」でダメか。だったらいっそみのもんた本人で。あのラップの穴を埋めるには、もうお経しかない。

◎ASKA、ギリギリだった
 ASKAったら……。本当にギリッギリの土俵際だったんだね。指一本残してセーフ! 違法なクスリじゃないからセーフ! ……のつもりなんだろうけど、きっとこれから物言いで仕切り直しだ。「アンナカ」て何だよ。「アンナ・カレーニナ」かと思った。聞いたこともない専門用語の飛び出しに、「クロ」の香りが馥郁と。あーあ。所属事務所の「も~知らんッ!」って怒張マークつきのコメントが印象的だった。最近のタレントって、なんかみんな言うこときかないよなぁ。ASKAはもう「最近の」じゃないけど。イイ歳こいて何やってんだって話だ。みんな、しっかりしろよ。

◎ダディブログの読み応え
 ビッグダディ、ブログ開始。「元嫁ばっかりに稼がせてたまるか!」というシンクロ性に、ちょっとストーカー気質の香りも漂うが。両手の指がギリギリ全部映ってないトップ画像もなかなかの引っ張りポイントだが、何よりその内容が。まさかの「4コママンガ形式」。しかも「描かれた紙を写す」というレトロアップ法。でも画風はけっこうこなれてる。「80年代にちょっと売れてたマンガ家」てな感じ。「長男が生まれた時、じっと見てたなぁ、大きくなってありがとう!」と、往年のサントリーのペンギン風のキャラで、自分たちのほのぼのエピソードをつづるという、内容はまったく「稼げるブログ」要素のないぼんやり感満載なのだが。これからこなれてステマ的なものが入って来るのか、それともぼんやりを貫きマンガ家デビューか、それか更新怠りほっぽらかしか。今のところオッズは均等だが。案外東京新聞の日曜版とかで連載マンガ始まったりしてな。小金持ちと交際宣言した元嫁・美奈子と、最後に嗤うのはどっちか。戦いはエンドレスに続きそうである。小出し小出しで。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

KAT-TUN・田中聖解雇で、ジャニーズ事務所「チン禁止事項制定」の予感のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ASKAビッグダディ田中聖週刊ヒトコト斬りのニュースならサイゾーウーマンへ!