ボディーガードを使った手口というのがリアル

ビヨンセの夫ジェイ・Zに浮気疑惑、相手女性に手口を暴露される!

jeyz01.jpg
地方妻を作りたがるのは野球選手だけだと思ってた!

 ビヨンセの夫で、ラッパー、音楽プロデューサー、実業家のジェイ・Zに、浮気疑惑が持ち上がっている。ラッパーとして活動している元モデルの女性から「ナンパされた」と暴露されてしまったのだ。彼女が説明するナンパの方法があまりにもリアルだったため、ネット上では「やっぱりジェイもその手の男か」「女性の売名行為だ」などと意見が飛び交っている。

 ビヨンセとジェイ・Zは、2003年に「’03 Bonnie&Clyde」でコラボしたことがきっかけで交際を開始。08年に結婚し、公私にわたりお互いを高め合う理想的なカップルとして全米から羨望のまなざしを向けられるようになった。12年1月には第一子に当たるブルー・アイビーが誕生。夫婦の絆はさらに深まり、HipHop界のアイコンとして、全世界からの注目を集めている。

 デビュー当時、ごついジュエリーを身に着け、高級車を乗り回し、ライブで100ドル札をばらまくなど、ギャングスタ・ラッパーらしい振る舞いをしていたジェイは、グルーピーから「ペニスが超ビッグ」と暴露されているほど、遊び回っていた時期があったとされている。売れっ子ラッパーらしい、セクシー美女に囲まれたパーティー三昧の生活を送っていたジェイだが、ビヨンセと出会ってからは彼女一筋に。美女と野獣カップルという意地の悪い声も上がっていたが、ビヨンセの方が多才なジェイに夢中だという説もあり、浮気の心配などない黄金カップルだとも言われてきた。

 今回、米ラジオ局「PNCラジオ」に出演し、ジェイの浮気疑惑を暴露したのは、「YES LIV CAN」という芸名でラッパー活動をしているリヴという女性。大手モデル事務所「フォード」に所属していたこともある細身の長身美女である。彼女はこのラジオインタビューの後、米ゴシップ芸能サイト「Radar Online」の取材にも応じており、ジェイと最初に出会ったのは、08年だと告白。マイアミで行われたバドワイザーのコマーシャルのロケで、リヴの横にジェイが座ったのが始まりだったと明かした。なんと、「ジェイは、監督の横に置かれていた自分用のイスを、アタシのイスの隣までわざわざ持ってきた」のだという。

「彼はとっても紳士的だったわ。彼とはものすごく気が合ったというか。でも、話をしただけで、それっきりだったの」
「ところが、その後、彼のボディガードがアタシのところにやって来て、こう言ったのよ。『ジェイがアナタの電話番号を欲しがっています。今度、この街に戻ったら電話すると言ってます』とね」

 間接的とはいえ超大物にナンパされたリヴだったが、本人いわく「尻軽女ではない」ため、番号を渡すことを拒否。「アタシは、こんなのいけないと思ったわ。まず第一に、アタシの電話番号をゲットするのにボディガードを使うなんて幼稚すぎる。第二に、アタシは、ジェイがこの街に来た時に気軽に呼び出せるようなオンナじゃないってことよ」「B(ビヨンセ)に対して、無礼なことなんてできないしね」と説明した。

ラッパーってすぐ私生活をペロッちゃうの?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク