ブルボンヌの映画批評 「女優女優女優!」第17回

希望すら残酷な感情だとわかっていても、ね? 『風立ちぬ』の光を信じるの

 サイ女な皆さ~ん。連載陣に、女装のおじさんがいたこと、覚えてますか? お久しぶりです、ブルボンヌですぅ。軽く1年ほどごぶさたしちゃってごめんなさいね。お直し大工事してたわけでも、浮気現場を目撃されて雲隠れしてたわけでもなく、ただの怠慢だよッ!(どや顔)

 さて、アタシが2丁目のクラブなどで披露してきた余興のひとつに、ナウ○カショーがあります。「1年半ぶりですもの、チチが喜びます!」と乳をムンズとわし掴み。青き衣をまとい新宿二丁目の野に降り立って、もう15年近くがたったでしょうか。

 小学生の頃、体育館に集められ、予備知識もなく見せられた映画『風の谷のナウシカ』。周りの小学生のガキども(お前もじゃ)が、メーヴェに乗るナウシカがパンツはいてないように見えると騒いでいる中、アタシは1人、アホみたいに泣きまくっていました。 

 以来、アタシは宮崎駿監督を心から愛しています。見た目もイケるんです。今現在の駿たん72歳とでも、すぐにお相手したいくらい。なんなら鈴木プロデューサーもまとめてお願い!(フケ専と見せかけてダレ専)

 そんな愛する監督の「遺言」などとも言われている今作、これは早く見なければと、おさわりなしのピュアデートを繰り返しているかわい子ちゃん(デブ)を誘って鑑賞してまいりました。

poster-kaze.jpg
主人公二郎を演じるのは、エヴァンゲリオン監督の庵野秀明。あ、庵野さんもイケます!
(モヨコちゃんごめん)

 実在の人物、零戦の設計者・堀越二郎の評伝に、堀辰雄の小説『風立ちぬ』を融合させた物語。そんな基礎知識すらないままに(あら聖子ちゃんじゃないのねレベル)、あいかわらずの美しく躍動感ある映像から、戦前の世界に引き込まれていったのです。

 『プロジェクトX』(NHK)ばりの零戦設計物語なパートは、監督の趣味でもあるし、男性客も大いに楽しめる部分かもしれません。が、アタシは子どもの頃からミニカーよりリカちゃん人形を欲しがった筋金入りのカマっ子。技術開発的なワクワクはおいといて、「夢をもって創造する仕事のジレンマ」が心に残りました。彼らは、飛行機が大好きで、素晴らしいものを設計したいだけなのに、それが人殺しの道具、兵器に使われ、またそのせいでの制約も多く受けることになります。

 そこまでの葛藤ではないにしろ、例えば宮崎監督自身の想いを込めた映画作りが、興行としての制約とぶつかってきたことは、容易に想像できますし、アタシも、アタシなりに意義をもってやっているつもりの表現手法、「ゲイの女装パフォーマンス」が、お仕事の中では時に魂を売るピエロと化し、「どんだけ~ぇ」とダミ声でサービスしなければならないジレンマも感じるわけです(途端に葛藤レベル低下)。

希望も光もたまには信じてみよ?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 西内まりや月9、酷評の嵐に
  2. 「オワコン女優」認定の3人は?
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  7. 江角と対照的、広田レオナの不倫報道
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  10. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  11. “消えたAKB48”河西智美は今
  12. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  13. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  14. 小雪『大貧乏』2週連続4%台の悲劇
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  17. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  18. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. 江角マキコのバックに超有能弁護士

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 誰でもいいから義姉をもらって! デブでブスなプライド女を婚活イベントに強制送還!
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ