"噂の女"神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第171回】

『めちゃイケ』の壮大な悪ノリを冷ややかに見ていた、矢部浩之&青木裕子の親族

yabehirouen.jpg
「女性自身」4月23日号(光文社)

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

第171回(4/5~4/9発売号より)

 福島原発の汚染水ダダ漏れが続いている。現在、海水へ流失の可能性は低いというが、地下には染み込んでいるはずだ。放射線を大量に含む汚染水は今後も増え続けるし、除染といっても疑問符だらけである。東電の体質が相変わらずだということも露呈した。今回も事故ではなく“事象”で、汚染水ではなく“滞留水”だって。こんな企業を放置し、原発再稼動なんていっている安倍晋三はどうかしている。

1位「矢部浩之&青木裕子『めちゃイケ』披露宴のマル秘舞台裏 矢部家おかんは『パート、休めるわけないやん!』弟は宿直、親父は……」(「女性自身」4月23日号)
2位「オセロ中島 それでも別れられない! 精神科医も懸念する『悪夢』」(「週刊女性」4月23日号)
3位「西島秀俊 ジムの帰りも“筋トレ”――マル秘私生活も『筋肉美』命!」(「女性自身」4月23日号)

 壮大な悪ノリ、バラエティのくだらなさ、電波の私物化――現在のテレビの問題点を羅列したようだったのが『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)のナインティナイン・矢部浩之×元TBSアナウンサー・青木裕子の結婚披露宴生中継だった。相方の岡村隆史がハシャギ回り、司会進行には徳光和夫を引っ張り出した。多くの芸人やタレントが出席し、ドッキリあり、余興あり、歌あり――ってこんなことを生中継でやっていいのか。しかも2時間半にわたって。それも芸人とアナウンサーの披露宴に、だ。

 しかし驚いたことに視聴率は20%を超えた時間帯もあったらしい。かつて大宅壮一センセイがテレビの低俗さを嘆き、「一億総白痴化」と言ったのは1957年だった。それから50年以上がたったが、白痴化はさらにドンドン加速していますよ、大宅センセイ!  きっと草葉の陰からお嘆きになっているだろう。

 そんな生中継披露宴であったが、このような“エセ披露宴”を“普通の披露宴”として大真面目に捉えて、その裏に存在した「大いなる疑問」にチャレンジしたのが「自身」だった。大いなる疑問とは、新郎新婦の親族がほとんど出席していないというもの。普通の披露宴なら絶対に出席しているはずの存在であるが、テレビ披露宴では矢部の兄が出席したのみで、青木家に至ってはゼロだった。しかし、考えればまともな家族、親族だったら見世物のような披露宴に出席しないのも当然だろう。テレビ中継されているし。真っ当な家族である。

 しかし「自身」はそんな家族たちに大真面目に直撃した。すると――。

サークルの新歓コンパノリが永遠に続く会社

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  5. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  6. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  7. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  12. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  13. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  14. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  15. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  16. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  17. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  18. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. トランプ就任式はしょぼくてもOK!

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  5. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム