[スター☆マル秘報告書]

ウィル・スミスの来日滞在時間40時間! 『VS嵐』出演の舞台裏は?

WillSmith.jpg
俳優というよりラッパーというより、中学生男子なキメポーズ

――海外セレブの来日プロモーション。本国ではパパラッチに追われる彼らも、日本では束の間の自由を謳歌! しかしそれゆえ、日本滞在をお世話するスタッフたちの苦労は多いんだとか。セレブの素の姿を知る関係者から話を聞き出し、コッソリお伝えする「スター☆マル秘報告書」!

 ウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズの活躍が観客を魅了する映画『メン・イン・ブラック3』(以下『MIB3』、公開中)。こちらのご一行が、ワールドプロモーションツアーの一環で来日しました。韓国から日本へ入ったご一行ですが、彼らの滞在スケジュールはなんと40時間! いくつかのテレビ番組にも出ていましたが、そんなにハードスケジュールだったとは驚きです。10日間で8カ国を回るという強行プロモツアーの、日本でのスケジュールを見てみましょう。

【ウィル・スミス『MIB3』来日スケジュール】
5月8日
前日深夜、プライベートジェットでご一行が韓国・ソウルより日本着
<午前中>
10:30 より 都内ホテルで取材対応(5媒体)
日本テレビに移動し、番組に出演(5番組)
<ランチ休憩 約1時間>
<午後>
フジテレビに移動し、番組に出演(3番組)
<夕方>
ホテルに戻り 休憩・準備
<夜>
午後6時30分より『MIB3』ジャパンプレミアに出席
メディアの取材、ファンとのグリーティング、舞台挨拶をこなす
その後、ホテルにて食事

5月9日
午後1時過ぎ、ご一行は次のプロモーション場所であるフランス・パリへとプライベートジェットで旅立つ(しかし、トミーは日本に残っていたらしい)

 ウィルは、奥様のジェイダ・ピンケット=スミスと来日しました。レッドカーペットでウィルが奥様をエスコートしていたのをニュースで見た人もいるでしょう。また、ウィルとトミーの話題ばかりになりがちのこの映画ですが、バリー・ソネンフェルド監督と、トミー演じるKの若い頃を演じたジョシュ・ブローリンも来日しています。ジョシュは初来日で、「日本が初めてというか、アジアに来るのが初めてだよ」と言っていました。しかしこの弾丸ツアーでは、日本を満喫する間もなかったかもしれません……。

 さて、今回の来日でいろいろな日本のTV番組に出演していた『MIB3』の皆さんですが、やはり目立ったのは嵐と共演したフジテレビの『VS嵐』。ウィルとトミーがまさかのスタジオ出演でしたが、現場は大混乱だったようです。フジテレビの宣伝スタッフの話によると、「とにかくお2人に時間がなくて……。裏話とかないです、オンエアされたものがすべてです。嵐のメンバーにプラスワンゲストは教えていないので、お2人が登場したときは本当にビックリしていました。時間がなくてひとつのゲームにしか参加できず、『え~これだけ!』と言っていたのも、メンバーの素の姿です」とのこと。そりゃ40時間しか滞在時間がなかったのだから、仕方ないですよね。まさに嵐のように現れて、嵐のように去って行った『MIB3』ご一行なのでした。

斎藤 香(さいとう・かおり)
映画好きが高じて、映画誌編集者を経てフリーランスライターに。ハリウッドセレブや韓流スターの来日現場でマル秘ネタを連日情報収集。

激務!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク