その他
2世の苦しみ知ってちょーだい!

「親の話をしないで!」から一転、IMALUがついに禁断ネタを解禁

imalu2.jpg
『Uh Uh』/A-hi Records

「ウチは親がどうとか、そういう風にばっかり書いてくるメディアは相手にしないことにしてるんです。もう電話しないでくださいね」

 2009年ごろ、とある二世タレントのデビュー当時に、所属事務所関係者が某メディアに発したコメントだ。”大物芸人明石家さんまの娘”、”大物女優大竹しのぶの娘”の肩書きを引っさげ、まさに鳴り物入りでデビューを飾ったIMALU。本人は当時「両親の名前とは関係なく、できることをやっていきたい」とメディアで語っていたものの、その態度は一部で有名だった。

 大竹はIMALUのデビュー当時「本人が決めたことなので」と言葉少なに話すのみで、さんまにしても「ある朝新聞を見たら『IMALU芸能界デビュー』ってあって、エーッ! って感じ」と、あくまで自らの意志でタレントになったことが前面に押し出されていた。しかしIMALUの所属事務所は大竹の個人事務所であることから、母親の支援が少なからずあったことは明白だ。

 さらに冒頭のように、IMALUのイベント取材を申し込んだ某雑誌メディアに関してはあっさりと取材拒否。担当した記者も「スタート時点から親の威を借って天狗になっているようでは……」と苦言を呈していた。

 ”失敗”もどうやらすぐに訪れたようだ。「CDデビュー」、「女優デビュー」と順調にタレントの道を歩み続けているように見えたが、最近では目にする機会も少ない。

「『二世タレントとして見られたくない』と強気のIMALUでしたが、それではやはり通用しなかった。メジャーで発売したCDが初動400枚程度しか売れなかったことが話題になったり、順調だったはずのCM出演も今や閑古鳥。エンタメ誌では『IMALUは大沢あかねや穂のから、二世タレントたちの代表格として”二世会”なる飲み会を主催』と報道されたこともあった。しかし、ブレークした大沢や関根麻里などはすでにサークルから離れており、”二世会”は芸能界どころか”◯◯会”の中でも吹き溜まり的存在になりつつある」(週刊誌記者)

 そんなIMALUが、最近は積極的に両親の名前を使うようになっている。今月から大竹と共演したCMが放映開始になり、先日にいたってはTwitterで「すごい偶然..車止めたら横に止まった人がお笑い怪獣さんだったんだけど」と、車を運転するさんまの写真をアップした。

「CMは”親子初共演”だそうですが、あれだけ距離を取っているように見せていたのに2年足らずでこの有様。結局、最後の手段で『仲良し親子』を演出しているのかと思うと、見ているこっちが切なくなります」(芸能プロ関係者)

 二世タレントは数あれど、スタート時の方向性を誤ってしまえば悲しい結果になりかねない。低迷にあえぐ二世たちが、今後、どんな手を使って芸能界をサバイブしていくのか、動向が楽しみだ。

『Uh Uh [Single, Maxi]』

芸人との仕事ばっかだよね

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
IMALUをゲストに迎えた『徹子の部屋』で、思いがけない事態に!
すでに大物! ”さんまの娘”に漂う妙な空気
明石家さんま再婚の障害は、娘IMALUの過剰な金銭欲!?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク