[連載]平成ろくでなしブルース

年収1,000万円から借金400万円…… 瞬間風速で売れた漫画家の現在

dame202-2.jpg
(C)山田参助


――幸か不幸か、どんな生き方もアリになったこの時代、ふと気づけばゆるやかに”普通”から転がり落ちている人々がいる。彼らはどうやってこの平成日本を生き抜くつもりなのか。謎多き平成のろくでなしたちのブルースをお届けする。


年収:120万円
職業:ホラー漫画家
年齢:47歳
性別:男性
家族構成:妻
東京・世田谷区在住
家賃:8万4,000円

――ホラー雑誌も廃刊が相次いでいるようですが、最近は何をやっているのですか?

森田氏(以下、森田) 仕事もほとんどなく、昔の原稿が電子出版で売れないかと思って、自分でスキャンしてあちこちの電子書籍サイトで販売してますよ。

――電子書籍ですか! 最先端ですね。売れてますか?

森田 電子書籍は売れないですね、1日300円とかいう時もある。やっと月に2万円くらいになるようになったところです。

――雑誌が減っていて漫画家はみんなどうしているんでしょうか?

森田 僕はポツポツあるマンガの仕事をこなして、だいたい月収は10万円程度かな。これだけでは暮らせないし二カ月前に貯金も底をついてしまって……。去年結婚した嫁が頼りなんです。

――ご結婚されたんですね! おめでとうございます。奥様は、何をされているんですか?

森田 何年も一緒に暮らしていたので籍を入れただけですが。嫁は、下北沢で古本屋をやっててね。

――これまた一筋縄ではいかない商売ですね。

森田 僕よりは全然稼ぎがあるんですよ。店を手伝いに行くこともありますが、バイトもちゃんといるので僕の出る幕はありません。お金のあるときは僕も生活費は出してますが、すぐになくなるので、なくなったら嫁の財布に頼ってます。贅沢しないように激安パスタを毎日食べているけど、今日はパスタが切れていて、買いに行こうかと思ったら財布に30円くらいしかなかった。……最近、誕生日が来て47歳になったんですが、47歳にもなってこんな生活でいいのか、と思ったりもしますね。

――ところで最近はどんな作品を書いているんですか?

森田 出版社に営業をかけたりするので、その雑誌に合わせたものを描いてます。レディースコミックとか、四コマ漫画とかエロ漫画。それを描く時以外は、昼頃起きて、夕方までインターネットで電子書籍の売上げのチェックとか、新しい漫画をネットで販売する支度をしたり。その合間に、嫁が帰ってくる時間に合わせて夕ごはんを作って待ってます。夕ごはんは比較的マシなメニューだけど、朝昼は残り物のパスタ、略して”残パス”ばっかりです。 パスタを茹でて、増量のために一緒にもやしも入れてケチャップとか醤油とか、なんか適当なものをかけるんですよ。

zanpasu1.jpg
残パスの写真を撮って頂きました。

――昔は年収1,000万円くらい稼いでいたそうですが、そのお金はどこに?

森田 30歳くらいのとき、瞬間風速的に売れたので最高で年1,000万円弱稼いでましたね。最盛期は月70ページ以上描いてたけど、バブルだったので家賃が高かったのと、アシスタント代で原稿料の7割くらいは消えてました。売れ出して量を描けば描くほど、クオリティーが下がり続け、絵柄がどんどん崩壊してきて……。そしたら注文が減って家賃を払えなくなって。でも、「また注文が来るかも」と思い高い家賃のまま引っ越さずにいたので、結局お金が残るどころか400万円もの借金を抱えてしまいました。今考えれば、仕事をセーブすればもっと息が長く保てたのかもしれないです。でもその最中は、忙殺されてそんなことに気がつかないものなんだと思います。

――その借金は一人でもう完済したんですか? 

森田 この間まで毎月12万円くらいコツコツ払っていたんですが、さすがに収入がないので払えなくなり、借金の整理をしたんですよ。今は毎月5万円だけの支払いだけです。だいぶラクになりました。

――そこまで切羽詰まっても、コンビニとかでバイトをしようと思わないんですか?

森田 漫画しかやってこなかったので、漫画以外の仕事が驚くほどできないんです。今さら他のことがやれないし、できない。だから漫画を書き続けるしかないですね。

――できないんじゃなくて、やるんですよ! その状況でも、一生漫画家って逆に羨ましいですよ。森田先生のビンボー生活のコツは?

森田 ビンボーでも結婚したからなんとかなっている。結婚していなかったらどうなったか分からないですよ。僕は嫁に頭が上がりません。独身でも、女と趣味の音楽活動をやめれば貧乏でもなんとか生活はできるはずです。女はお金がかかりますからね。

――これから漫画家になりたい人に一言どうぞ。

森田 漫画家やクリエイターなどを目指して歳を取ると、このような哀れな末期を迎えるのですよ。今すぐ指の骨をへし折り、会社に就職しましょう(笑)。

今週の迷言:若いうちに、会社に就職しろ!

(カシハラ@姐御)

『10年メシが食える漫画家入門 悪魔の脚本 魔法のデッサン (アフタヌーン新書 9) 』

11年目からはどうするの?

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
『だめんず』出演の”オンナの敵”に学ぶ ダメ男に引っかからない方法
遺産を食い潰し成功セミナーに心酔…… 平成のろくでなし像に迫る
いずれ美化される!? 反感を買った略奪セレブカップルのベスト5

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  4. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  8. 『カウコン』意外な舞台裏
  9. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  10. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  11. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  12. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  13. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  14. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  15. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  18. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 嵐・松本に「またAV女優」と幹部激怒!?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー