『だめんず・うぉ~か~』ブルース氏にインタビュー!

『だめんず』出演の”オンナの敵”に学ぶ ダメ男に引っかからない方法

damenzu.jpg
『だめんず・うぉ~か~』/倉田真由美

 ダメな男(だめんず)に引っかかってしまう、男を見る目がない女性の体験談を紹介するノンフィクション漫画『だめんず・うぉ~か~』(倉田真由美著・扶桑社)。過去2度にわたってドラマ放映され、現在も「SPA!」(扶桑社)で連載中の人気作品です。

 この作中に「ヤリチン」「オンナの敵」として有名な「ブルース」と呼ばれるキャラクターが登場するのですが、ノンフィクションとあって、この人ももちろん実在の人物。普段は編集者として多忙な毎日を送りながらも、1カ月に平均20人の新しい女の子と関係を結び、「とにかく1回ヤレればOK!」と堂々と言ってのける鬼畜っぷりです。

 今回編集部ではブルース氏に接触を試み、インタビューに成功! 氏の体験談を聞き、反面教師とすることで、「どうすればダメ男に引っかからないのか?」をリサーチしてきました。「確実に部屋に呼べる殺し文句」から「落としやすいオンナのファッション」まで、生々しい現場の声(?)をお聞きください!


――常に新しいナンパ方法を編み出しているブルースさんですが、最近はどんなナンパをしているんですか?

ブルース(以下「ブ」) クラブのイベントや、セレブパーティーと呼ばれる六本木ヒルズなどで行われる異業種交流会のようなイベントで、まずは女の子の連絡先をゲットしてきます。それで、家に帰ったら「今日は会えて良かった」というような内容のメールを送ります。僕はナンパの時はアパレル会社勤務などの肩書にしているんですが、出会ってから3日後くらいには「今、仕事でドバイに来ているよ」という内容のメールを写メ付きで送ります。メールに非日常感がある方が、女の子の食いつきがいいんですよ。出会った子全員に同じメールを送っているんで、僕は毎週のようにドバイに行っていることになっていますが(笑)。メールのやりとりをして1週間後には、二人で会う機会をセッティングできますね。

――夜にレストランで食事、などですか?

 前までは、とりあえず二人でレストランに行って、その後僕の家に行くことが定番だったんです。けど、最近はレストランなどには行かず、直接僕の家で飲むことにしています。

――え! 初めて二人で会うのに、いきなり家ですか? それはハードルが高すぎません?

 全然ハードル高くないですよ。むしろレストランデートの時より低くなったくらい。家に来るための口実を作ってあげれば簡単です。僕はネットで1本500円のスパークリングワインを大量に注文しているんですが、それをエサに「キミの為に、特別なプレゼントがあるんだ」とか言うと、20人中19人は家に来ますね。

――えぇ~! そんな高確率で、よく知りもしない男性の家に行っちゃうんですね……。簡単に引っかかりやすい女の子って、ブルースさんから見て何か特徴がありますか?

 ファッションで言えば「CLASSY.」(光文社)が一番やりやすい。ダメなのは「Happie nuts」(インフォレスト)とか「BLENDA」(角川春樹事務所)。ああいう子って、見た目は軽くに見えますが、すごく一途なんだと思いますよ。

――それも、ちょっと意外ですね。「CLASSY.」は、どちらかというとプライドの高い女性のイメージですし、簡単にはいかなそうなのに。でも「CLASSY.」の誌面には、ちょっとでも条件の良い男をつかまえようと、ある意味、欲望にギラついた女性たちがよく出てきますよね(笑)。ああいうファッションを好む時点で、男性に対して前のめりな気持ちなんですかね?

 男性に対する気持ちというか、男性の条件に対する気持ちは相当前のめりですよね(笑)。男を条件で選ぶから、「高学歴・高収入……」とか、こちらも相手が喜ぶカードを切りやすい。中身がどうのと言わない分、扱いやすいし楽ですよ。

――それは本人にも結構問題がありそうですが……。失礼ですが、ブルースさんのような男性に引っかからないようにするためには、真逆のタイプを選べばいいって事ですよね?

 そうかもしれないですけど(笑)。でも、それって見た目とかでわかります?

――細身のスーツを着て、ちょっとオトコ前風で……う~ん、わからないかも。でも、ブルースさんって、話すときあんまり目を合わせてくれないですよね!? あと、相槌がなんか軽いです! あんまり話を聞いてなさそうな(笑)

 あはは、そんなことないですけど。でも、相槌が軽いとは良く言われるかも。というか僕は、女の子との距離感を常に保つようにしています。だって、1回しかSEXしないのに後々面倒くさくなるのは嫌ですから。だから今までナンパした女の子が、ストーカーになったことは1度もないんですよね。

 ブルース氏に会ったことのある人たちに、氏に対する感想を聞いてみると、男性陣が「結構オトコ前なんだね」と言うのに対し、女性陣は「なんか、ちょっとヤダ……」という反応が多かった模様。女のカンというやつでしょうか、本能的に「この男はヤバイ!」と気づいてしまうようです。それでも、学歴とか職業に目がくらんじゃうと、フラっといってしまうんですね。弱みにつけこまれないよう、あまり男性に対してガッつく素振りを見せないこと、そしてやはり外見の条件ばかりでなく中身を見抜けるよう、オトコを見る目を養うことが肝要なようです。
(編集部)

『だめんず・うぉ~か~(1) 』/倉田真由美

ダメ男になるかどうかは、女性次第の一面も?

amazon_associate_logo.jpg

pic23805.jpg

ブルース
某有名誌にも携わる編集者。「SPA!」(扶桑社)の『だめんず・うぉ~か~』ではブルースのキャラクターで登場。※右は、ブルース氏も企画に携わった携帯コンテンツ「sabra・超画質ムービー」(小学館)。チェックしてみてね!(docomoのみ)

【関連記事】 マンガのような口説き方に見る、ゴールドマン・サックス男の真髄
【関連記事】 無形文化財に指定したい! 電通マンの完成されたおバカ芸
【関連記事】 ハーフブームももう終わり? 女子カルチャー衰退の要因を徹底分析!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク