実は2度目の改名

ポーシャ・デ・ロッシ、同性婚禁止違憲判決の流れに乗り、改名を申請

PortiaDeRossi.jpg
ポーシャも意外と乙女なところ
があるのね

 人気海外ドラマ『アリー my ラブ』で、冷静沈着な女弁護士役を演じ大ブレイクしたポーシャ・デ・ロッシ。2008年に、アメリカで最も有名なレズビアンと称される、コメディアンのエレン・デジェネレスと同性結婚し幸せな日々を送っているが、愛する人と同じ苗字になりたいと裁判所に改名申請をした。

 米「E!」によると、ポーシャは8月6日、法的に婚姻関係を結んでいるエレンと同じ苗字に改名したいとロサンゼルス上級裁判所に申請。現在のポーシャ・デ・ロッシから、ポーシャ・リー・ジェームズ・デジェネレスへ法的に改名したいと申し立てた。

 ポーシャとエレンが住むカリフォルニア州は、08年5月、州最高裁により同性結婚が法的に認められ、2人は同年8月16日に結婚した。しかし、その数カ月後の11月、同性結婚を法律で禁じる州憲法改正決議「提案8号」が住民投票により可決。同性結婚は再び禁止されてしまった。

 同性結婚推進派は、この「提案8号」が同性愛者に対する差別であり、州憲法の平等な人権保障に違反すると裁判所に訴訟。紆余曲折を経て今月4日、カリフォルニア州サンフランシスコ連邦地裁は、「提案8号」は同性愛者への差別であり、違憲と判決。すぐに同性愛婚が認められるわけではなく、再び禁じられる可能性もあるが、法律が良い方向へ進んでいくのを受けて、ポーシャは今回の申請を提出したのではないか、と一部メディアで報じられている。

 オーストラリア出身のポーシャは15歳のとき、同性にしか興味が持てない自分のセクシュアリティに悩み、「ありのままの自分を受け入れ、生まれ変わりたい」と、親から与えられた「アマンダ・リー・ロジャーズ」という名前から、「ポーシャ・デ・ロッシ」に改名。国は異なるが、法的に名前を変えるのは今回で2度目となる。

 なお、ポーシャ・デ・ロッシの由来は「ポーシャは、シェークスピアの『ヴェニスの商人』に出てくる美しい貴婦人の名前。デ・ロッシは、イタリア人っぽくてエキゾチックな響きだから」とのこと。

 ポーシャの改名裁判の審理は9月23日に行われる予定。改名申請は問題なく通ることが多いため、来月末には晴れてミセス・デジェネレスになると見られている。

「アリー my Love シーズン1」

夏休み中にもう一度復習!!

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
『アリー my Love』のポーシャ・デ・ロッシ、摂食障害と同性愛の末に見たゴールは?
日米の個人主義、家族崩壊に立ち向かった『ブラザーズ&シスターズ』
まだケリが着いてなかった!? マドンナの養子の実父は未練たらたら

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  9. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  13. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  14. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  15. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. 『カウコン』意外な舞台裏
  19. 嵐・松本に「またAV女優」と幹部激怒!?
  20. “意外すぎる”不倫常習犯タレント

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー