[女性誌速攻レビュー] 「PINKY」10月号

創刊5周年の「PINKY」、でもスペシャル感は何もない……

pinky10.jpg
「PINKY」10月号(集英社)

 今月の「PINKY」は、なんと創刊5周年! 鈴木えみ、佐々木希、木下ココ、木下優樹菜の4人のメーンモデルを表紙におき、気合十分。普通、創刊記念号ともなると、お祭り気分で読者プレゼントやモデルと一緒の企画が進むという華やかな内容になるのですが、今月号はどんな内容になっているでしょうか? まずはトピックからチェック!

<トピック>
◎5周年 Happy Birthday PINKY
◎PINKYモデルズの秋コレが期待!!
◎PINKYモデル公式プライベートBOOK2009

■付録は鬼門

 創刊5周年号、まず1発目は今まで登場したタレント・モデルからのお祝いコメントが続々と到着。面子を見てみると、IKKO、ダルビッシュ紗栄子、吉川ひなのといった「現在進行形で出てるじゃん」とツッコミたくなるメンバーと、スザンヌ、加藤ミリヤ、DAIGOといったビミョーなメンバー。10代後半~20代前半をメーン読者層としている雑誌だからいいのかもしれないけど、ドーンと重みのある人がいないというのもちょっとさびしいものなのね……。じゃあ、気を取り直して、次っ!

 5周年を記念して、4カ月連続の付録がつくとのこと。今月号の付録は「Kitson」オリジナルのトート&ポーチなんですって。でも無地に、デッカイ文字で「Kitson」って書いてあるだけ……。最近は「付録雑誌」と揶揄されている宝島社だって、「中途半端な付録は付けない」って言っていたし、出版社にとって付録って意外と難しいと思うんですが……。来月はコーチのヘアキューブ、次はロクシタンのポーチ、MERCURYDUOのジュエリーケースですって。文字で見る限りは豪華そうなので、企画担当の方、ぜひぜひ頑張ってね。現物見た瞬間にため息つかせないでね。

■ひたすらカタログで、特筆すべきものは……

 創刊記念部分は思いのほかサックリと終わり、速攻、秋ファッションモードに。季節の変わり目、新作を紹介するだけでページを稼げるため、特に面白い企画もなし。PINKY名物着まわしコーデ特集もなくて、本当にカタログ的。と思って、別冊「PINKYモデル公式プライベートBOOK」を眺めてみても、モデルが今ハマってるものや愛用品を紹介するだけ。普段、誌面で展開してる内容と何も変わらないじゃ~ん、とガッカリ。あまりにいつも通りの誌面展開に、特筆すべきことが何もない、という緊急事態。今月は創刊記念号なのに!、と静かに本を閉じました。

 と、今月はだいぶPINKYにガッカリ気味でしたが、やっぱりPINKYには着まわしコーデ(&添えられるベタベタなラブストーリー)がなきゃと再確認させられました。今後も、これまで通りの見慣れた企画&モデル陣のまま、悪い意味で落ち着いた雑誌になってしまうのでしょうか。はたまた、付録に力を入れる”宝島商法”で戦っていくつもりなのか。とにもかくにも、来月こそは待ってるからね~、着まわしコーデ~!

『少女の友』中原淳一 昭和の付録 お宝セット

付録の原点を勉強するべし

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 少女漫画の王道を突き進む、「PINKY」着まわし劇場に注目!
【関連記事】 ダルビッシュの言いなり? 「PINKY」8月号で紗栄子のノロケ発言
【関連記事】 「PINKY」モデルの私服コーディネート、一般人には参考にならない!?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク