アメリカで大流行! セレブ御用達の”エネルギードリンク”とは?

redbul.jpg
photo by luc legay from flickr

 パーティ・アニマルのブリトニー・スピアーズやリンジー・ローハンなどの若いセレブのハチャメチャな行動は、もしかしたら”飲み物”のせいかもしれないと、ファッションや健康情報の女性向けポータル「ブラッシュ(Blush)」が伝えている。

 その飲み物とは、「レッドブル」「スパイク」「シューター」「ロックスター」といった「エネルギードリンク」のこと。アメリカでは2005年に大ブレイクし、昨年度には54億ドル級の市場に拡大している。ハリウッドスターやセレブも愛飲し、クラブやバーを中心に若者層に人気がある。

 エネルギードリンクとは、カフェインやリボフラビン他、L-アルギニン、L-カルニチンなどのアミノ酸、高麗人参、ガラナ、マリアアザミ、イチョウの葉などのハーブ、イノシトール、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンなどの疲労回復成分が配合された飲料の総称。


 上に挙げたようなエネルギードリンクの中には、カフェインが多く含まれている。例えばブリトニーが飲んでいるのを目撃されているのがレッドブルで、このドリンクにはエスプレッソ1.5杯分のカフェインが入っている。日本でも今年の9月から販売されているロックスターには2.5杯分、スパイクには何と4.5杯分ものカフェインが入っているのだ。

 高いカフェインは瞬間的なエネルギーのスイッチとなり、それが消費者を魅了するのだそうだ。アメリカでは、学生が猛勉強をする時にも、眠くならないようにこれらのエネルギードリンクを利用するという。

 しかし、ジャーナル・オブ・アメリカン・カレッジ・ヘルスの新しい研究によると、エネルギードリンクは動悸・発汗を引き起こす作用があり、飲みすぎると、例えば避妊せずにセックスをしたり、麻薬を使用したり、暴力を振るうなど、突発的行動に出る事があり、大変危険だというのだ。

 アメリカでは、エネルギードリンクをアルコールと混ぜる飲み方がポピュラーになっているが、カフェインを加えるとアルコールによる酔いがあまり感じられなくなり、これも危険だという。

 実は、これらのエネルギードリンクは、日本には60年代からあるリポビタンと似たようなもの。名前こそエネルギードリンク、スタミナドリンクと日米異なるが、アメリカでは若者やセレブに、日本ではくたびれたサラリーマンとおやじギャルに愛飲されるとは、何だか不思議。

 少子化が問題となっている日本でこそ、もっと飲まれたほうがいいのかもしれない。

【関連記事】 ハリウッドにベイビーブームが巻き起こる?
【関連記事】 アメリカの少女に性感染症が蔓延! 10代の約4割がクラミジアなど
【関連記事】 駆け込み販売に注意! 悪質サークルコンタクトレンズの恐怖



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アメリカで大流行! セレブ御用達の”エネルギードリンク”とは?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! セレブドリンクのニュースならサイゾーウーマンへ!