“噂の女”神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第622回】

永作博美の「国籍デマ」を夫が告発、星田英利も在日認定に反論! 芸能人の悪質デマ拡散の危険性

2022/10/18 21:00
神林広恵(かんばやし・ひろえ)
「女性自身」11月1日号(光文社)(写真:サイゾーウーマン)

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

 円安が止まらない。本日149円代に突入し150円も目前だ。これは32年ぶりのことだという。海外で安くお買い物! 高級ホテルで宿泊! そんな日々は遠い昔となったのか。「日本は安い!」そんな外国人観光客の声を聞くたび、複雑な気持ちになる。現在、日本人にとって海外旅行は物価も高く、まだまだハードルが高い。コロナ禍を経て、ますますドメスティックになる日本――。

第622回(10/13〜10/18発売号より)
1位「永作博美 『卑劣デマと闘争10年』夫が激怒告発」(「女性自身」11月1日号)
2位「小室圭さん 『3度目の試験落ちてもクビにならない』高笑いのドヤ顔写真 発見!」(「女性自身」11月1日号)
3位「武田砂鉄のテレビ磁石第185回 『事実に基づかない発言』を許され続ける政治家」(「女性自身」11月1日号)

 こうしたデマ、差別はいつになったらなくなるのだろうか。芸能人や著名人に対する“在日認定”。事実かどうかなどまったく関係なく、気に入らない人物などに「在日」「朝鮮半島出身」などと決めつけ認定し差別する行為が、ネットを中心にさかんに行われ、社会問題になって10年以上がたつ。

 そんなデマの被害に、NHK朝ドラ『舞い上がれ!』の主要キャストのひとり永作博美があっていたことを「女性自身」が報じている。その被害は現在に至るまで、10年近くもの長きにわたってだという。確かにここ何年か、ネットやSNSで「永作は韓国人」「父が中国人で母が韓国人」などという情報が流布されていた。

 そして「自身」記事によると、最近(今年9月13日)、永作の夫がそんな状況に対し、ブログで怒りの告発をしたというのだ。

「永作博美の国籍デマ。しつこい。永作博美と韓国(ときに中国)と結びつけようとする、奇妙な運動、あの手この手で10年近い」

 記事ではこうした夫の告発を紹介した上で、すでに2013年に発信者を特定するために情報開示請求も行ったこと、それでも現在まで悪質なデマは続いていること、デマが拡散されることで、それを信じる人が出てくる危惧などを紹介、解説している。

 こうした芸能人に対する悪質なデマについて芸能マスコミが否定し、記事化することは大切なことだと思う。SNSだけ見ていると、それが真実だと思い込み、さらに拡散されてしまう危険性が高いから。それを少しでも阻止することに、この記事は一役買っていると思うから。

 しかし記事には、なぜこうしたデマが発生し、原因や理由についての説明や分析はない。というか多くの場合、理由なんてほぼなかったりするから、追求しようがないのかも。

 たとえば、15年にほっしゃん。こと星田英利が当時の安倍政権、安保法制に対し批判的投稿をすると、速攻で「在日吉本」などと在日認定され、炎上する一件があった。自分と考えが違う、そして気に入らないから在日認定する。まさに短絡的で卑劣な行為だが、しかも在日認定のやっかいなことは、それを否定すれば、今度は「差別主義者」などと批判されてしまうことだ。このときの星田もそうだった。そして星田はこうつぶやいていた。

「あのね、日本人やけど、“在日”って言う言葉に何も不快も無いよ。その言葉を差別的に使うのが許されへんだけ」

 沈黙せずに批判を恐れず反論したあっぱれな星田だったが、永作もまた沈黙を選択することなく情報開示請求を行い、本人にかわって夫が在日認定に反論し告発した。

 デマを放置せず、差別や悪質な印象操作に果敢に立ち向かう。素晴らしい姿勢だし応援したい。それを記事化した今回の「自身」も。

 と思ったが、やめた。永作は応援するが「女性自身」は別かも。だって舌の根も乾かぬ同じ号の「女性自身」には、結構ひどい印象操作記事が掲載されているから。

連続テレビ小説 舞いあがれ! Part1
高笑いのドヤ顔ってマンガの世界じゃあるまいし……
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

永作博美の「国籍デマ」を夫が告発、星田英利も在日認定に反論! 芸能人の悪質デマ拡散の危険性のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女性週刊誌ぶった斬り!のニュースならサイゾーウーマンへ!