夏ドラマが始まる――!!

7月期の新ドラマ、綾野剛『オールドルーキー』が業界評トップ! 一方コケそうなのは『六本木クラス』?

2022/07/02 12:00
サイゾーウーマン編集部
写真ACより

 各局ともに、低視聴率にあえいだ4月期ドラマが最終回を迎え、7月期ドラマがスタートを切り始めている。この時期は在宅率が下がることから、業界内では一般的に「7月期の連ドラは視聴率が取りにくいとされ、4月期ほど力が入っていない」(テレビ誌ライター)というが、そんな中でも“ヒットの予感アリ”と業界内で注目を集める作品もあるようだ。

「最もヒットの期待値が高いドラマは、TBS系『日曜劇場』で、一足早く6月26日から放送を開始している『オールドルーキー』(綾野剛主演)です。初回世帯平均視聴率は11.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、ロケットスタートとまではいかなかったものの、2ケタ台発進。実はコア視聴率(13歳~49歳の個人視聴率)が良く、今後大きな話題を呼びそうです」(同)

 同ドラマは、主人公のサッカー元日本代表・新町亮太郎(綾野)が、現役引退後にスポーツマネジメント会社「ビクトリー」に勤めだし、現役アスリートと向き合いながら、セカンドキャリアを歩んでいくというストーリー。

「『日曜劇場』はTBSの“看板枠”とあって、やはり脚本が面白いですし、綾野の演技もさすが。綾野といえば、暴露系YouTuberの“ガーシー”こと東谷義和氏に、人妻との“不倫疑惑”や未成年女性との“飲酒や淫行疑惑”を告発されて、ネット上が大騒ぎになり、ドラマ開始前はTBS関係者も『本当に放送できるのか?』と恐れおののいていたようですが、綾野が所属するトライストーン・エンタテイメントの社長は『絶対に大丈夫!』と自信を見せていたとか。実際にちゃんと放送にこぎつけて、ドラマファンからも好感触を得ています」(同)

 『オールドルーキー』以外にも、ヒット候補のドラマが2作品あるという。

「1つは、林遣都と仲野太賀がダブル主演を務める『初恋の悪魔』(日本テレビ系)です。脚本家・坂元裕二氏のオリジナル作品で、刑事ドラマではあるものの、事件を解決していくのは停職処分中の刑事・鹿浜鈴之介(林)、総務課勤務の馬淵悠日(仲野)、生活安全課・摘木星砂(松岡茉優)、会計課・小鳥琉夏(柄本佑)と、捜査権がないメンバーという異色作。そんな“変化球”的な内容が話題を呼びそうですし、『演技はパッとしないけれど、注目度は高い』ような出演者を使わず、演技派の役者だけを集めている点も、“ドラマ好きのドラマ”という感じがして、視聴者から好感を得られそうです」(テレビ局関係者)

六本木クラス 1 / Kwang Jin 〔本〕
竹内涼真がパク・セロイの髪形に寄せれば寄せるほど募る不安
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

7月期の新ドラマ、綾野剛『オールドルーキー』が業界評トップ! 一方コケそうなのは『六本木クラス』?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! テレビ芸能ウラ情報視聴率のニュースならサイゾーウーマンへ!