“中学受験”に見る親と子の姿

中学受験に「繰り上げ合格」した子はその後、落ちこぼれるのか? “補欠野郎”と呼ばれた息子

2022/06/12 18:30
鳥居りんこ(とりい・りんこ)

 “親子の受験”といわれる中学受験。思春期に差し掛かった子どもと親が二人三脚で挑む受験は、さまざまなすったもんだもあり、一筋縄ではいかないらしい。中学受験から見えてくる親子関係を、『偏差値30からの中学受験シリーズ』(学研)などの著書で知られ、長年中学受験を取材し続けてきた鳥居りんこ氏がつづる。

写真ACより

 入学試験というものは時に残酷だ。定員という枠があるために、どうしても線引きをせざるを得ない。例えば、学校側が「今年の合格ラインは300点以上」とした場合、たった1点足りなかっただけの299点の子も不合格になってしまうわけだ。

 中学受験では「1点に食らいつく子が勝利をものにする」とよく言われるが、これは、たった1点によって、受験生が天国と地獄に分かれることを表している。

 しかし、これに救済措置が取られることが、まあまあな頻度で起こる。合格したものの、入学辞退を申し出る子が出た場合、学校側は定員枠を埋めるために、299点の子の中から、新たなる合格者を選ぶのである。これを「繰り上げ合格」と呼ぶが、要は試験で補欠となった者が、繰り上がって合格を手にするという意味だ。

 現在は大学生の颯真君(仮名)も、中学受験の際、補欠合格で入学した1人であった。彼の入ったH学園は中堅ながら、大変な人気校。成績上位層からは「入学しても満足な滑り止め校」とされ、一方で成績下位層からは「憧れの学校」として注目されている。幅広い偏差値帯の子が受験するので、結果、高倍率になって、毎年激戦となっているのだ。

 颯真君もこの学校に憧れ、小学6年生の模試では、「合格可能性80%」という偏差値を常にキープ。塾の先生も「合格は確実!」と太鼓判を押していたという。

 ところが、受験は水物。颯真君はH学園を3回受験したが、3回とも不合格となった。颯真君の母である千恵美さん(仮名)は当時を振り返って、こう言った。

「もう地獄でしたね。H学園は家族の憧れと言ってもいいほどの学校でしたから、颯真も私たち夫婦もH学園合格だけを夢見て、本当に一生懸命頑張ったんです。でも、3回とも不合格で……。颯真にはかける言葉もなかったです」

 千恵美さん家族は受験後、H学園以外は考えていなかったため、地元公立中学に進学しようと気持ちを切り替えることに全力を尽くしていたそうだ。そんな2月の半ばのある日、千恵美さんの携帯電話にH学園からの繰り上げ合格の連絡が入ったという。

「もう、信じられなくて、一家で抱き合って喜びました」

 こうして、晴れてH学園の制服に袖を通した颯真君だが、中間テストの結果を受け、彼は通っていた塾の先生に相談へ行ったという。千恵美さんの話によると、先生から「学校どうだ?」と聞かれた颯真くんは、

「先生、思ってたより授業の進みが早くて、早くも落ちこぼれです。僕はなんたって繰り上げですから……」

と投げやりな言葉を口にしたという。

中学受験大百科 2022完全保存版
トップだろうと繰り上げだろうと大事なのはその後
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

中学受験に「繰り上げ合格」した子はその後、落ちこぼれるのか? “補欠野郎”と呼ばれた息子のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! “中学受験”に見る親と子の姿のニュースならサイゾーウーマンへ!