お蔵入り寸前映画、ついにお披露目!

NiziU・ニナ、アミューズ時代の映画公開も現事務所は「タブー扱い」!? 『虹プロ』参加資格に“疑惑”の過去

2022/01/25 14:00
サイゾーウーマン編集部
NiziU・ニナ、アミューズ時代の映画公開も現事務所は「タブー扱い」!? 『虹プロ』参加資格に疑惑の過去の画像1
写真ACより

 唐田えりか、尾碕真花、天野菜月、日比美思の4人が主演を務める映画『血ぃともだち』が、2月5日に東京・テアトル新宿で一夜限りの上映会を実施する。ネット上では監督の押井守氏や唐田らのファンのみならず、9人組ガールズグループ・NiziUのファンの間でも話題を呼んでいるようだ。

 『血ぃともだち』は、『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』(1995)などで知られるアニメ監督の押井氏が、低予算の実写映画に挑戦した注目作。当初は2020年4月に公開が予定されていたものの、新型コロナウイルス感染拡大の影響で4度にわたる公開延期に見舞われ、“お蔵入り寸前”になっていたという。

「同作は、私立高校の献血部を舞台に繰り広げられる青春映画で、4人の部員が落ちこぼれヴァンパイアのマイと出会い、自分たちの血でマイを養うことを決意する……というストーリー。撮影は約3年前に行われ、オーディションを兼ねたワークショップで出演が決まった主演の4人と、ヴァンパイアのマイ役として牧野仁菜がメインで出演。加えて、筧利夫や元SKE48の松井玲奈、さらに高校の教頭役でスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーも出演しています」(芸能ライター)

 なお、ヴァンパイア役の牧野は、NiziUの最年少メンバー・ニナとして現在活躍中だ。アメリカ出身のニナは、17年に大手芸能事務所・アミューズが主催した「マルチリンガルオーディション」に合格。アミューズ所属後は、NHK Eテレの教養バラエティ番組『すイエんサー』で“すイエんサーガールズ”を務めていたほか、19年にテレビ神奈川で放送されたドラマ『柴公園』にも出演していた。

「当時アミューズは、日本語、英語、フランス語を話せるニナを大型新人としてプッシュしていましたが、ニナは19年7月から全国各地で審査が行われたオーディション『Nizi Project』の仙台会場に参加。応募資格には『特定の芸能事務所やレコード会社、音楽出版社などに所属がない方』とあったものの、当時まだアミューズの公式サイトにニナのプロフィールが掲載されていたことから、ネット上で『事務所に黙って応募した?』『事務所辞めてないのかな』といった疑惑が浮上しました。また、『Nizi Project』は韓国の芸能プロダクション・JYPエンターテインメントと日本の音楽会社・ソニーミュージックの共同開催であるため、『アミューズとソニーが揉めそう』と心配する視聴者も相次いだんです」(同)

U (初回限定盤A CD+DVD)
これが撮影された頃の唐田といえば……
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

NiziU・ニナ、アミューズ時代の映画公開も現事務所は「タブー扱い」!? 『虹プロ』参加資格に“疑惑”の過去のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女性タレントアーティストのニュースならサイゾーウーマンへ!