唯一無二って自分の首を締めちゃうのかな

マツコ・デラックス、「追い詰められている」と引退めぐり涙で吐露! それでもテレビが手放さない「メンタルが削られる」事情

2021/11/18 12:10
村上春虎
幸子とマツコ、ちょっと素敵な写真じゃない?

 11月13日放送のテレビ番組でマツコ・デラックスが泣いたとして話題を呼んでいる。しかも「どのタイミングで身を引こうかなって、ずっと考えている」「結構、追い詰められている」など、引退を連想させる弱音も飛び出したから穏やかではない。

 マツコが泣いたのは『マツコ会議』(日本テレビ系)。この日はヒップホップユニット・Creepy Nutsとともに、日本のヒップホップの行く末について語り合っていたが、そこで話題に上がったのがラッブバトルの番組『フリースタイルダンジョン』(テレビ朝日系)。DJでトラックメイカーのDJ松永は、この番組で日本のヒップホップに限界を感じたと話し、マツコに意見を求めた。

 『フリースタイルダンジョン』のヒットについて、マツコはヒップホップの“根っこ”にある本来のスタイルではなく、「瞬発力でラップできてすごい」という即興性の部分がもてはやされたのだと分析。DJ松永が懸念するように、日本のヒップホップが「これ以上大きくならない」とは思っておらず、あくまで「テレビだからダメ」だと話していると、DJ松永がハラハラと涙を流し始めたのだ。

「マツコに異変がおきたのは、この直後。松永の涙を見て『何、泣いてるの? どうしたのよ!? なんでよ!?』と慌てると、松永は『分かってくれすぎててうれしい』とさらに観劇の涙。これにマツコが『ちょっとやだアタシ! 不意だったから涙出てきちゃった』と、もらい泣きし、『まあね、難しいですよ、テレビでやるっていうのは』と、人目もはばからず涙を流していました」(芸能ライター)

 そこからのマツコはせきを切ったように、テレビにおける自身の身の振り方について「いろいろ考えているのよ。どのタイミングで身を引こうかなってずーっと考えている」「ほんとの大事な魂まで売りだしたら、アタシは死ぬまでテレビにすがって、哀れな姿を晒し続けなければならない」と吐露。さらに「自分も結構、追い詰められているから」とも打ち明けた。

 これまで何度となくマツコはテレビで引退をほのめかしてきた。

「『月曜から夜ふかし』(同)や『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)、さらには『週刊さんまとマツコ』(TBS系)でも折に触れて、リタイアした後の生活や住まいについて語っています。終の棲家を隅田川周辺に決めたと述べたり、さんまが構想する芸人専門老人ホームに入りたいと口にしたり、新宿3丁目でスナックを細々とやる、はたまたオーストラリアといった国外に移住したいと言うなど、その時々で語る内容は違いますが、常に“終わり”を考えているようです」(同)

マツコ・デラックス/マツコの部屋 アンタがいるから素直に笑えないのよ編
やっぱりテレビで人をどうにかしちゃうんだな
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

マツコ・デラックス、「追い詰められている」と引退めぐり涙で吐露! それでもテレビが手放さない「メンタルが削られる」事情のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! テレビ芸能ウラ情報のニュースならサイゾーウーマンへ!