“中学受験”に見る親と子の姿

中学受験で「特進選抜コース」合格も、3カ月で落ちこぼれたワケ……「入学前にスマホデビューがいけなかった」

2021/03/14 16:00
鳥居りんこ(とりい・りんこ)

 “親子の受験”といわれる中学受験。思春期に差し掛かった子どもと親が二人三脚で挑む受験は、さまざまなすったもんだもあり、一筋縄ではいかないらしい。中学受験から見えてくる親子関係を、『偏差値30からの中学受験シリーズ』(学研)などの著書で知られ、長年中学受験を取材し続けてきた鳥居りんこ氏がつづる。

写真ACより

 今年度の中学受験も、大きな混乱はなく、無事に終了した。今頃、新中学1年生は家族も含め、残り少ない小学校生活を謳歌していることだろう。

 中学受験は非常に過酷な世界なので、長期間タイムスケジュールに縛られ、自由時間はドンドンと削られていく。小学6年生の学習時間は、平日だと塾を含め6時間、休日ともなると12時間ということも、格段驚くことではない。さらに週単位で発表される偏差値という数字に一喜一憂。このように大変なプレッシャーの中で頑張るのが中学受験生とその家族なのだ。
 
 受験終了直後は、その長きにわたる張りつめた生活から、突然解放されるので、逆に戸惑うほどだろう。

 専業主婦の亜美さん(仮名)のケースはこうだった。亜美さんの一人息子である和樹君(仮名)の結果は3戦2勝。惜しくも第1志望校は逃したものの、第2志望校の「特進選抜コース」という難関大学を目指すコースに合格。和樹君いわく「余裕!」だったそうだ。

「やっと塾生活から解放されたので、和樹ものびのびと友達と外で遊ぶのかな? と思ったら、とんでもない。ずっと家の中でゲーム三昧です。でも、あれだけ過酷なことをやらせたので、入学までの2カ月くらい、好きなだけ遊ばせてあげたいっていう変な親心が出ちゃったんですよね……」

 そのうちに、和樹君は入学祝いとして携帯電話をゲット。念願のスマホデビューを果たしたという。

「これが、いけなかったですね。私はまったくのアナログ派で、何が何だかわからず、自分がスマホで困った時にも和樹に聞くくらい疎いんですが、気がついたら、和樹は指の先にスマホがくっついているのかと思うほど、四六時中、スマホを触るようになっていました。勉強ですか? 1秒もしていませんでしたね……」

 そうこうしていると、中学生活が始まり、アッという間に梅雨を迎え、中間テストが行われたそうだ。

「驚きました。6年一貫教育は、高2で高校課程が終了し、高3では大学受験の勉強に専念できるシステムだとは知っていましたし、そこに魅力を感じたことも確かです。でも、それって、毎日の授業がフルスピードで行われているってことの裏返し。そのことに気がつかなかったんです」

2021年度入試用中学受験案内
「失うのは簡単であるが、再び身に着けるのは……」は身に覚えがありすぎる

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

中学受験で「特進選抜コース」合格も、3カ月で落ちこぼれたワケ……「入学前にスマホデビューがいけなかった」のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! “中学受験”に見る親と子の姿のニュースならサイゾーウーマンへ!

COSME JOURNAL