覚悟を決めた?

宮迫博之が「蛍原徹を避けている」と芸人が暴露!?  テレビ局関係者も“ドン引き”で、コンビ復活は絶望的か

2020/04/02 19:12
サイゾーウーマン編集部
宮迫博之が「蛍原徹を避けている」と芸人が暴露!?  テレビ局関係者もドン引きで、コンビ復活は絶望的かの画像1
宮迫博之YouTubeチャンネル「宮迫ですッ!【宮迫博之】」より

 昨年6月の“闇営業”騒動により、芸能活動を休止していた雨上がり決死隊・宮迫博之がYouTubeチャンネル「宮迫ですッ!【宮迫博之】」を開設してから2カ月が経過した。チャンネル登録者数は約70万人にのぼり、まずまずの結果を残している。そんな宮迫の後をたどるように4月1日、3月15日に大手芸能プロダクション・松竹芸能を退社し、フリーに転身したTKO・木下隆行が公式YouTubeチャンネル「木下プロダクション」を始動させた。

「木下は昨年9月に発売された『週刊大衆』(双葉社)により、後輩芸人を巻き込んだ“金銭トラブル”や“パワハラ”が報じられていました。その後はほとんどメディアに姿を現さず、実質の活動自粛状態となっていましたが、3月31日に設立した新会社『UtREE』でフリーとして活動していく一方、松竹に残った相方・木本武宏とのコンビも継続するといいます」(芸能ライター)

 木下は、初回のYouTube動画で後輩芸人へのパワハラを謝罪し、「また皆様の信頼を取り戻せるようにYouTubeで頑張ります」と表明。ネット上では、「宮迫と同じルートをたどっている」と呆れる声が上がっていた。

「宮迫は吉本興業を離れてYouTuberに転身した一方で、相方・蛍原徹とのコンビは継続中。つまり、木下の動きはこれまでの宮迫と“完全に一致”しているわけです。しかし、実は当初、木下は宮迫をバカにしていたといい、松竹を退社する前から、木下自らごく一部の関係者に、“YouTuberデビュー”を伝えていたものの、ある芸人には、『宮迫のやり方は失敗。自分ならもっとうまくやる』と豪語していたとか」(テレビ局関係者)

 だが、フタを開けてみれば、木下の初投稿は、宮迫の1本目と同じ、“神妙な面持ちでの謝罪動画”で、コメント欄に批判が殺到するという結果まで同じだった。そんな中、宮迫は新たな段階へと足を踏み入れているという。

アメトーーク! DVD 44
そりゃホトちゃんも愛想つかすよ……

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

宮迫博之が「蛍原徹を避けている」と芸人が暴露!?  テレビ局関係者も“ドン引き”で、コンビ復活は絶望的かのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 芸能ウラ情報お笑い芸人のニュースならサイゾーウーマンへ!