みんな思ってた!

セレーナ・ゴメス、ジャスティン・ビーバーとの交際は「精神的な虐待だった」

2020/01/29 18:09
堀川樹里(ほりかわ・じゅり)

セレーナより支配しやすい? 新妻ヘイリー

 なお、ジャスティンは、「自分は少年だった頃からチヤホヤされて謙虚さを身につけることができず、なおかつ欲しいものはなんでも買えるほどの大金を手に入れたことから、最低な人間になってしまった」と自己分析。何年もかかったが「そのひどい状態から抜け出し、自分が壊してしまった人間関係を修復し、悪い習慣を直した」と明かし、クリスチャンとしてより深い信仰心を持つことで、良い人間になり、ヘイリー・ボールドウィンという最高の伴侶を得られたのだと神に感謝していた。

 ネット上では「いや、セレーナとの関係は修復してないでしょ?」「セレーナは傷ついたまま」といった意見が飛び交っていたが、その翌月、セレーナは「Lose You To Love Me」「Look At Her Now」をリリース。世間はセレーナに同情し、「Lose You To Love Me」は全米シングルチャートナンバーワンに輝いた。

 今回、セレーナの口から「精神的虐待を受けていた」と語られたことで、ネット上は「やっぱりジャスティンは最低」「別れた後も、すぐさまヘイリーと交際、婚約、結婚したことで、セレーナに大きな精神的打撃を与えたしね」「そもそも、きちんと別れてなかったんじゃない?」といったバッシングが巻き起こっている。

 そんなジャスティンだが、現地時間27日からYouTube公式アカウントでドキュメンタリー・シリーズ『Justin Bieber:Seasons』の配信を開始。マネジャーたちに混じって、ヘイリーも出演している。ジャスティンの前ではいつもニコニコし、「彼を応援しサポートするために私はいる」と語るヘイリーの姿を見て、「お似合いの夫婦」と好意的に受け止める人がいる一方、「コントロールしやすそう」「歌手、女優としてのキャリアがあるセレーナより支配しやすそう」「モラハラしても共依存になりそう」と感じる人は少なくないようだ。

 ジャスティンの精神的虐待から抜け出せたセレーナ。難病である全身性エリテマトーデスとの闘病、その治療の副作用から発症したうつやパニック発作の治療も受けるなど、苦労多き人生を歩んでいる彼女だが、自分らしい人生を歩めるよう、多くのファンが祈っている。

堀川樹里(ほりかわ・じゅり)

堀川樹里(ほりかわ・じゅり)

6歳で『空飛ぶ鉄腕美女ワンダーウーマン』にハマった筋金入りの海外ドラマ・ジャンキー。現在、フリーランスライターとして海外ドラマを中心に海外エンターテイメントに関する記事を公式サイトや雑誌等で執筆、翻訳。海外在住歴25年以上。

記事一覧

最終更新:2020/01/29 18:09
子ども・親・男女の法律実務
恋愛って簡単に割り切れないから面倒

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

セレーナ・ゴメス、ジャスティン・ビーバーとの交際は「精神的な虐待だった」のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! セレブジャスティン・ビーバーセレーナ・ゴメスのニュースならサイゾーウーマンへ!