女のための有名人深読み週報

小島慶子、夫への言動は“モラハラっぽい”!? 「私のお金」発言に感じた“彼女の本音”

2019/12/26 21:15
仁科友里(にしな・ゆり)
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

いつもお世話になっているヘアメイクの中ちゃんとスタイリストの天ちゃんからバースデーギフトを頂きました^_^ ありがとー!#laperla のレースはやっぱり素敵!

小島慶子(@keiko_kojima_)がシェアした投稿 –

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな有名人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます

<今回の有名人>
「今のように私のお金はあてにできなくなるから」小島慶子
ウェブサイト「OTEKOMACHI」インタビュー(12月24日)

 人の本音は言葉に表れると信じている人は多いのではないだろうか。もちろん、それに異論はないが「言葉なら、いくらでも繕える」という部分もある。偽らないその人の本音が表れるもの、それはカネに対する態度もしくは行動ではないだろうか。

 例えば、眞子さまとの婚約を延期中の小室圭氏。2017年12月26日号の「週刊女性」(主婦と生活社)が、小室氏の母親と元婚約者X氏との間に400万円の金銭トラブルが起きていることをすっぱ抜いた。これがきっかけで、国民の間に「眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫か」という議論が起こり、因果関係は不明だが、宮内庁が18年にご婚約・ご結婚の延期を発表した。「女性自身」(光文社)の取材に答えた国際弁護士・清原博氏によると「X氏には借用書もないそうですし、裁判で勝てるなんの保証もありません。話し合いでの解決を模索するほかないでしょう。小室さん側が400万円はあくまで贈与だと主張し続けるならば学費や生活費を支援してもらったことへの謝礼という意味合いで誠意を示してもらうしかありません。返済ではなく、和解金や解決金という名目であれば、400万円の一部を小室さん側に支払うのが現実的な解決法だと思います」という。

 となると、小室氏側はX氏と話し合って、ある程度のお金を“お支払い”すればいいわけだが、そのような動きの気配はない。19年12月5日号の「女性自身」では、小室氏の代理人を務める弁護士が、眞子さまと小室氏について「普通にお付き合いされている男女と同じぐらいの頻度では、連絡を取り合っているようです」とコメントしている。小室氏の行動から推測するに、彼は「眞子さまと結婚する意志は変わらないが、金銭トラブルを解決する(カネを払う)気はない」と見ることができるだろう。そこからは、小室氏のなんとも自分本位な本音を窺い知ることができる。

幸せな結婚 / 小島慶子
コジケイはいつまでも青いという印象

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

小島慶子、夫への言動は“モラハラっぽい”!? 「私のお金」発言に感じた“彼女の本音”のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女のための有名人深読み週報のニュースならサイゾーウーマンへ!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ