狙ったエロスなんだか、偶然の産物なんだか

実写映画版『キャッツ』、「不浄なポルノ」と酷評の嵐! 男性出演者のアソコ修正も発覚

2019/12/25 19:06
堀川樹里(ほりかわ・じゅり)
「不浄なポルノ」とまで酷評された実写映画版『キャッツ』、男性出演者のアソコを修正していた!の画像1
映画『キャッツ』日本語公式ページより

 愛猫家として知られる人気歌手のテイラー・スウィフトがキャスティングされたことで、撮影開始前から注目を集めていたブロードウェイ・ミュージカルの実写映画『キャッツ』。「テイラーなら猫のしぐさをリアルに再現できるし、きっと美猫になるはず」と期待が高まっていたが、7月に解禁された予告編への世間の反応は「不気味な生き物がとにかくクネクネしていて不気味」「トラウマになりそう」と冷ややかなもの。高評価12万に対し、低評価は32万という散々な結果だったが、再生回数はぐんぐん上昇。11月に公開された予告編第2弾に対する反応もイマイチだが、良くも悪くも世界中から多大な関心を集め続けた。

 そんな『キャッツ』のワールドプレミアが12月16日にニューヨークで行われたのだが、鑑賞した映画評論家たちは作品をこぞって酷評。米紙「ニューヨーク・タイムズ」のカイル・ブキャナンは、「“不浄なポルノ”というジャンルに、思いがけず遭遇してしまったような感覚に陥った」「欲情をたぎらせた毛だらけのバケモノたちが、皿に顔を近づけ舌をぺちゃぺちゃさせながらミルクを飲み、あえぐようなうめき声を上げるたびに、“劇場にFBIが乗り込んでくるんじゃないか”と身構えた」とツイートし、本作には露悪的なエロスが漂っていると言わんばかり。

 米業界紙「ハリウッド・リポーター」は19日に掲載した記事で、『キャッツ』を「2019年のワースト映画10本」に選んだ。米紙「デトロイト・ニュース」に至っては、「今年最悪の映画どころではない。ここ10年、1000年というレベルの大惨事だ」と言い放ち、01年にゴールデンラズベリー賞の主要部門をほぼ独占した駄作中の駄作「『バトルフィールド・アース』に(猫の)ひげが生えただけの映画」と盛大にこき下ろした。

 “不浄なポルノ”呼ばわりまでされている『キャッツ』だが、出演俳優で歌手のジェイソン・デルーロ(セクシーな雄猫ラム・タム・タガー役)が現地時間16日、プロモーションのために出演したラジオ番組『Radio Andy』で、思いがけない告白をしていた。

 ラジオDJからの「タイツの衣装を着用していたわけでしょう。ということは……」という質問に対して、ジェイソンは「CGでペニスを消したかって? あぁ、修正されたよ」と即答。さらに「あなたのペニスが抹消されたと?」と確認されると、「125%、そうだと断言できる」と苦々しく言い放った。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Is this better? 😂

Jason Derulo(@jasonderulo)がシェアした投稿 –

 実はジェイソン、11月21日にトランクス姿の写真をインスタグラムに投稿したところ「不適切」と削除され、怒りを炸裂させたばかり。彼のイチモツは超がつくほどの大きさ。写真ではトランクスがペニスに張り付き、シルエットがくっきりと浮き上がってしまったため、インスタグラム側が「勃起したペニスを見せつけている」と誤解したのか、「性的すぎる」と判定したのかは不明だが、規則違反として削除されてしまったのだ。ジェイソンは「撮影時は勃起していない。自分のペニスのサイズをどうすることもでないのに……」「女性の巨乳ビキニ姿はよくて、トランクスをはいた状態での巨チンはダメなんて納得できない」と憤りをあらわにしていた。

 ワールドプレミアを見た映画評論家の多くが作品を「ポルノ」呼ばわりしていたため、ジェイソンの“もっこり”を期待を膨らませたファンもいたようだが、残念ながら、あまりの大きさに修正せざるを得なかったようだ。

 ちなみに、アメリカの映画ファンに最も信頼されている映画批評サイト「ロッテン・トマト」では、『キャッツ』に対する評論家からの支持率はたったの18%、一般観客の支持率も58%と、悲しくなるような数字だ。本作の日本公開は1月24日。どれほどの駄作なのか、ぜひとも自分の目で見てみたいものだ。

堀川樹里(ほりかわ・じゅり)

堀川樹里(ほりかわ・じゅり)

6歳で『空飛ぶ鉄腕美女ワンダーウーマン』にハマった筋金入りの海外ドラマ・ジャンキー。現在、フリーランスライターとして海外ドラマを中心に海外エンターテイメントに関する記事を公式サイトや雑誌等で執筆、翻訳。海外在住歴25年以上。

記事一覧

最終更新:2019/12/25 19:06
新品本/浅利慶太の四季 著述集 1 演劇の回復のために 演劇論集 浅利慶太/著
浅利慶太センセイ、あの世で激ギレ案件だわ

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

実写映画版『キャッツ』、「不浄なポルノ」と酷評の嵐! 男性出演者のアソコ修正も発覚のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! セレブのニュースならサイゾーウーマンへ!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ