女のための有名人深読み週報

木下優樹菜は、「ヤンキー道の原点」に帰るべき―― “タピオカ騒動”で活動自粛に思うこと

木下優樹菜オフィシャルブログより

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな有名人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます

<今回の有名人>
「『お互いに、第三者に話をしない』ということで解決させていただけないでしょうか?」木下優樹菜
『直撃LIVEグッディ!』(フジテレビ系、11月18日)

 若い方はご存じないと思いますが、昭和や平成中期、つまりネットが生まれる前の時代、週刊誌には「あの清純派アイドルのウラの顔」的な企画があり、「デビュー前はこんなヤンキーだったんですよ」という暴露が写真付きでなされていた。当時の芸能事務所は、新人をデビューさせるにあたり、その子に「変な写真を持っている相手がいないか」をチェックしていたと聞いたことがある(これは現在でもそうかもしれないが)。

 しかし、芸能界には、元ヤンキーであることを隠さない人もいる。例えば、女優・飯島直子がその一人だ。その昔、『ウチくる!?』(フジテレビ系)に出演した際、中学時代に髪の毛を染めていたことを明かし、また「番長と付き合っていた」と、さらっと発言していた。11月13日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)でも、MCの明石家さんまに「番組から『昔の写真を貸してくれ』と言われても、(飯島の)昔の写真は全部特攻服を着ている」というエピソードを暴露されたが、否定していなかった。

 もう一人、ヤンキーであったことを隠さないのが、タレント・木下優樹菜。番長を決めるため、同じ学校の生徒とタイマンを張ったが、負けて番長になれなかったことを、いろいろなバラエティーで明かしている。

 飯島や木下は、清純派アイドルとしてデビューしたわけでないので、隠す必要がないということもあるだろうが、この2人は「いいヤンキー」のイメージを「売り」にしていると見ることができるのではないか。「ヤンキーなので、違法薬物をやっていました」といった法律違反は、「悪いヤンキー」の例であり、それをテレビで告白したとしたら、番組にとっても本人にとってもマイナスでしかない。しかし、「精神性」についてアピールするなら、必ずしもマイナスイメージにはならず、「いいヤンキー」の例として、むしろイメージアップにもつながるだろう。

 例えば、木下は「ヤンキーはさみしがりだから、家族や仲間を大事にする」、飯島は「ヤンキーは上下関係を大事にする、好きな男に尽くす」とバラエティーでよく語っていたが、これはヤンキーのプラスの面だろう。目上を敬い、家族や仲間を大切にするのは、中世日本の「御恩と奉公」を連想させる。また、「女は好きな男に尽くすべき」という考え方も、いまだに滅びていない。ファッションや行動は別として、ヤンキーの精神性というのは一種の保守であり、根強く日本に浸透しているだろう。うまく使えば「いい人」と思わせることができるのではないだろうか。

ユキナ育。/木下優樹菜
あのDMは「悪いヤンキー」そのものだったよ

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

木下優樹菜は、「ヤンキー道の原点」に帰るべき―― “タピオカ騒動”で活動自粛に思うことのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女のための有名人深読み週報のニュースならサイゾーウーマンへ!