wezzy

浜崎あゆみ“暴露本”には何が書かれているか あゆの歌詞はエイベックス松浦勝人代表へのラブレター?

2019/08/02 20:00
サイゾーウーマン編集部(@cyzowoman

 浜崎あゆみと、max matsuuraこと松浦勝人氏(現・エイベックス株式会社代表取締役CEO)が恋仲にあったと記した“暴露本”、小松成美『M 愛すべき人がいて』(幻冬舎)が大きな話題を呼んでいる。

 本の冒頭には<事実に基づくフィクションである>との但し書きがあり、浜崎あゆみと松浦勝人氏の関係について、ここに書かれているすべてが実際にあったわけではないとのエクスキューズが置かれている。

 とはいえ、『M 愛すべき人がいて』には、それが事実なのであれば驚かざるを得ないことが書かれていた。

1990年代から2000年代初頭にかけての時期、つまり、浜崎あゆみが女子高生のカリスマとして社会現象を巻き起こしていた最中に彼女が書いてきた歌詞が、松浦氏へのラブレターであったことが明かされているのだ。

浜崎あゆみと松浦勝人氏の出会い
 『M 愛すべき人がいて』の物語は、浜崎あゆみがサンミュージックに所属し、アイドル女優としてくすぶっていた時代からはじまる。

 本によれば、まだ高校生だった彼女は当時隆盛を誇っていた六本木のクラブ・ヴェルファーレに年齢を偽って入り込み、スタッフにも知り合いが大勢いるような常連客になっていたという。そのヴェルファーレのVIPルームで、浜崎は松浦氏と出会う。

 ヒットを連発しトッププロデューサーとして名を馳せていた松浦氏は、当時の浜崎にとって雲の上の存在だったが、VIPルームで何度か顔を合わせるうちにエイベックス関係者の食事会に呼ばれるようになった(この食事会のシーンではEXILE誕生前夜のHIROも登場する)。実は、松浦氏はヴェルファーレのVIPルームでスターの原石を探していたのだが、浜崎は原石であると認められたのだ。

 エイベックスからのデビューに際し、松浦氏は浜崎をニューヨークに送ってレッスンを受けさせるなど、彼女を歌手として徹底的に鍛え上げる。そんな日々のなかで、浜崎の心のなかには、松浦氏に対する恋慕の思いが募り始めるのだった。

歌詞に悩む浜崎あゆみの脳裏に浮かんだアイデアとは?
 浜崎がデビューするにあたり、松浦氏が彼女に課した課題のひとつが「歌詞を書く」ということだった。

 しかし、本格的に音楽を勉強をしたこともなければ、楽曲製作の経験もない浜崎が、いきなり歌詞を書けと言われてもすんなり出来るわけもない。

 途方に暮れた浜崎は、あるアイデアを思いつく。

<何も書けない。一行も書くことができない。何日も白いままのノートをにらみ、考えては空を仰いだ。すると、遠くから専務(引用者注:松浦氏のこと)の声が聞こえてくる。
 ──思ったことを書けばいいんだよ。
 作りものの言葉は浮かんでは消えてしまう。自分の中にある想いをそのまま文字にする以外、なかった。
 私自身のことを書こう。そして、本当の私を専務に知ってもらおう。専務に手紙を書こう>

浜崎あゆみの歌詞は松浦勝人氏へのラブレター
 こうして書いた歌詞は松浦氏から高い評価を受け、浜崎の楽曲は彼女自身の作詞で行くことが決まる。

 浜崎のノートにはたくさんの歌詞が書かれていくのだが、それは、ファン・リスナーに向けて書かれたものであると同時に、松浦氏個人に向けて書かれたものでもあった。

<人生に無我夢中になれることを捨てた私。
 その私は、私をそうしてくれた人のことを四六時中思うようになっていた。
 頭に思い浮かぶ語彙のすべては、その人への想いの偽りのない反映だ。私の中にこんな言葉があるのか、と自分でも驚きながら、ノートに書いた文章は、つまりラブレターだった>

 『M 愛すべき人がいて』には、「poker face」「YOU」「Trust」「FOR MY DEAR…」「Depend on you」「Whatever」「TO BE」「appears」「vogue」「Far Away」「A Song for XX」「SEASONS」「M」……といった、浜崎の往年のヒット曲の歌詞が引用されているが、本を読むとその楽曲が書かれた時期に浜崎と松浦氏がどんな関係にあったのか、そして、二人の関係がどれくらい歌詞に反映されているかがわかるようになっている。

 たとえば、<迷ったりもしたそばにいることを/誰かキズついてしまう気がしてた>と歌われる「Trust」には、二人が恋仲になる直前、松浦氏が離婚した時期のことが反映されている。

 また、<輝きだした 僕達を誰が止めることなど出来るだろう/はばたきだした 彼達を誰に止める権利があったのだろう><背中押す瞬間に/忘れないでいて/この夏こそはと/交わした約束を>との歌詞がある1999年の大ヒット曲「Boys & Girls」は、リリースする楽曲どれもが大ヒットを記録する二人の勢いと、その一方で、仕事へのプレッシャーは募り、プライベートの時間もなくなり、「夏に海に行こう」という約束すら果たせなくなっていく状況を歌っている。

浜崎あゆみ「自分の身を滅ぼすほど、ひとりの男性を愛しました」
 『M 愛すべき人がいて』の最後のページには、浜崎自身のコメントが載っている。

 そこで彼女は、本のなかのすべてが事実というわけではないとしつつも、このように綴っている。

<ただ、もしも誰かに「今回の人生で一生に一度きりだと思えるほどの大恋愛をしましたか?」と問われたなら私は何の迷いもなくこう答えるだろう。
「はい。自分の身を滅ぼすほど、ひとりの男性を愛しました。」と>

 本に書かれている浜崎と松浦氏のエピソードのどれが真実で、どれがフィクションなのかは二人にしかわからないことだが、この本を踏まえたうえで過去の楽曲を聴き直すと、また違った味わいが生まれるのではないだろうか。

最終更新:2019/08/02 20:00

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

浜崎あゆみ“暴露本”には何が書かれているか あゆの歌詞はエイベックス松浦勝人代表へのラブレター?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ