大流行となるのか?

「メチャカリ」「エアクロ」注目の洋服レンタルサービスが抱える“落とし穴”とは……?

「エアークローゼット」公式サイトより

――ファッションライター・南充浩氏が、いま話題のファッションニュースに斬り込む!

 バブル期や高度経済成長期ほどには、人々の洋服への渇望感がなくなっていると感じられる近年。“洋服のビジネス”として、新たに考え出された「レンタルサービス」が、一部で話題になっているようです。

 私事で恐縮ですが、この10年間ほどは、めっきり高い服を買わなくなりました。その理由は、「もうすでにたくさんの服を持っていること(保管場所にも困る)」「低価格ブランドのデザイン性が上がっているため、うまくコーディネイトすれば高いブランドとの見分けがつかないこと」です。

 おまけに洋服関係の仕事を20年以上もやっていると、たいていの洋服は一度か二度見たことがあるので、どんな服を手に取っても、新鮮な感動を得られないというのもあります。この感想は自分のようなオジサン特有のものだとしても、先の2つは多くの消費者が感じていることなのではないでしょうか。

 そんな時代に活用しやすいと思われたのが、洋服のレンタルサービスです。欧米が先行して始めたサービスだと思いますが、我が国では株式会社ストライプインターナショナルの「メチャカリ」や株式会社エアークローゼットの「エアークローゼット」などがその代表だと言えます。

 月額いくらかを払うと、プランによって定められた制限の範囲内で洋服を借り放題というサービスで、「普段は買わない服を試せる」「保管場所がいらない」「ネットで借りられるから楽」「月々の洋服代が抑えられる」などのメリットが謳われていますが、各社の現状を見ていると、大きく成功したとはとても言い難いのです。正直に言うと、私はこのレンタルサービス自体にピンと来ないし、あまり魅力を感じていません。

earth music&ecology 6 POCKETS BACKPACK B
借りるのも面倒だからユニクロ行くわ…って層も多いかも?

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

「メチャカリ」「エアクロ」注目の洋服レンタルサービスが抱える“落とし穴”とは……?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! コラムのニュースならサイゾーウーマンへ!