滝沢秀明「ジャニー喜多川社長の後継者」で複雑化するジャニーズ内勢力図 中居正広と組んで“革命”も?

 滝沢秀明と今井翼のユニット「タッキー&翼」が、9月10日をもって解散していたことが発表された。滝沢は年内で芸能活動を引退し、ジャニーズJr.の育成や舞台演出などプロデュース業に専念、メニエール病で休業中の今井は療養に専念するべくジャニーズ事務所を退所する。

 突然の発表に、芸能界も大混乱だ。とある制作会社幹部が語る。

「事前に『週刊文春』(文藝春秋)の報道があったとはいえ、こんなに早く動きだすとは思っていなかった。滝沢がジャニー喜多川社長の後を継ぐというのはわかるけど、実際にジャニー滝沢秀明ズタレントたちの活動に、どこまで介入するかも不透明。ただ単に舞台を演出するだけであれば今までと特に変わらないが、メディア戦略を含めた芸能活動全般をプロデュースしていくとなれば、制作サイドも滝沢と仲良くしておく必要がある」

 ジャニーズ事務所は現在、ジャニー喜多川氏が社長を務めているが、実際にはほぼ隠居状態。事務所の頂点に君臨しているのは、ジャニー社長のめいに当たる藤島ジュリー景子副社長だ。

「実権を握っているジュリー副社長も、今まではジャニー社長の顔を立てて、ある程度のジャッジ権を与えていた。それが滝沢に引き継がれて、どうなっていくのかはまだわからない。ジャニー社長を“目の上のたんこぶ”だと思っていたジュリー副社長が、今まで以上にワンマン化するのか、それとも滝沢をしっかり尊重していくのか、その動きによっていろいろと変わってくるはず」(同)

 今回の滝沢の動きは、中居正広にも大きな影響を与えそうだ。テレビ局関係者はこう話す。

「ジャニーズ事務所に残ってはいるものの、“飯島派”の残党として特殊な立ち位置にいるのが中居。その特別扱いもジャニー氏が許したからこそ成立しているものであって、ジャニー氏が第一線から完全に退くのであれば、中居も事務所にいられなくなってしまうかもしれない。ただ、そこで滝沢が中居サイドにつくようなことがあれば、形勢逆転もあり得るでしょう。滝沢と中居が手を組むことで、ジュリー副社長の影響力を弱体化させる可能性もありますね」

 滝沢は一体、どんな青写真を描いているのだろうか……?

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

滝沢秀明「ジャニー喜多川社長の後継者」で複雑化するジャニーズ内勢力図 中居正広と組んで“革命”も?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!