「子宮系女子」になった母、その原因が自分にもあるのではないかと悩む娘

 身内がトンデモ沼にハマったら、どうするどうなる!? 簡単には縁を切れない身内なだけに平和な日常が壊されていき、時には家族断絶へ……。そんな実体験をお届けする新シリーズ「身内がトンデモになりまして」。

 第2回目は「母が〈子宮系女子〉になりまして」を、お送りしましょう。今回報告を寄せてくれたのは、50代の母親が〈子宮系女子〉になったという、主婦Tさん。

 子宮系女子とは、「女の幸せは、子宮を大切にすることから」という思想を発信する一派のこと。子宮を温めるなどの〈おまたケア〉を怠らず、セックスやマスターベーションで性器を積極的に使うことが推奨され、〈子宮の声(=魂の欲求)〉に耳を傾け欲望に忠実に生きることが美容や健康の秘訣であり、運気アップも欠かせない……という、カルト宗教じみた〈子宮万能説〉を広めることが特徴です。

 Tさんの母が現在入れ込んでいるのは、子宮系女子の中でも注目を最も集めているであろう、子宮委員長はる氏(以下、子宮委員長)だと言います。

 子宮委員長は、元風俗嬢で婦人科系・精神疾患などを克服したことをウリにする、子宮系女子のカリスマです。ブログや有料サロンで〈子宮メソッド〉なるオリジナルの自己啓発を発信、著書も多数執筆し、1時間15万円(2017年4月の情報)の〈個人セッション〉なるサービスも展開。最近では、父親不明という設定で妊娠出産した子供を元夫に託して離婚をし、スピリチュアル界で活躍するリュウ博士と再婚。前回の婚姻中から妊娠中の喫煙飲酒や、子供の世話は夫へ丸投げし、新彼氏をSNSに登場させるなどの奔放な生活を公開するなど、「常識外と思われようが、子宮の声に従えば男に愛されお金もガッポガポ」であることの証明を精力的にパフォーマンス中です。

 Tさんの母はそんな子宮委員長に心酔し、有料サロンに参加。地方で講演会があると聞けば飛行機で遠征し、信者仲間とお茶会を催しては「子宮が喜んでいるのを感じる」と娘に語るのだとか。

Tさん(以下、T)「母が熱心に誘ってくるので私も一緒に子宮委員長のトークショーへ行ったことがあるのですが、最後にみんなで行う記念撮影の掛け声が、『ハイ、まんこ!』なんですよ。いい歳の女性たちが公共の場で何をしているのかと、狂気を感じましたね……。でもその時は、『未知の価値観だな~』と感心して聞いていた部分もありました。ところが別の子宮系女子が『本音を言えない人は子宮が冷たい! 35度くらいで~』とか言っているのを見かけて、子宮の!? 温度!? 測ったの!? 温度計で???? と完全に冷めました(笑)。こんなものに自分の母がハマっていると思うと、なんとも言えない気持ちになります」

◎顔を見ると性器が見える!?

 それでも家族が見放すとなおさら深くはまっていくので、「否定せず寄り添いつつ解決していかないといけない」と考えるTさん。SNSでは「そんな子育てみたいなの、正直自分の子供だけで精いっぱい。周りは母親に育児のサポートしてもらっているのに、自分はなんで30も上の親の迷走を見守らなくちゃいけないのか」など、トンデモ落ちした家族と付き合う苦労を吐露しています。

 同トークショーでは、「顔を見ると性器が見える」という子宮委員長の霊視サービス〈御まん託〉も体験し、ますます「わけがわからない」と頭を抱えるTさん。

T「子宮委員長が御まん託を始めた経緯みたいなのを話していたんですけど、『なんか見えるようになれと思っていたら、まんこがね! 見えるようになっちゃったんですよ~。この辺に……』とかいって顔の横だったか体の横だったかを指し示していました。ちなみに男性の場合は、ちんこが見えるそうです。私も1分弱の『御まん託タイム』ミニ体験版みたいのを受けましたが、子宮委員長はまず私の顔を見て、少し間を置いてから『賢いまんこだね、その賢いまんこ活かしてお金稼いでください』と言いまして。私は『理知的に見える』と言われることが多いので……子宮委員長も、単に私の顔見て言ったとしか考えられません(笑)。しかも『まんこ活かして稼ぐ』って、何。春を売ることしか思いつきませんよね。ちなみに母は、子宮委員長の御まん託を受けた時、感動のあまり泣いてしまったと言っていましたが」

 Tさんの母が子宮系女子と出会ったのは、自然派グッズを扱う店でアルバイトを始めた時、スピリチュアル好きなバイト仲間から情報が流れてきたことがきっかけだとか。もともとホ・オポノポノや占い系のカードなどをたしなみ、キリスト教系の新興宗教やアムウエイにもハマっていたというお話ですので、〈土壌〉は十分に耕されていたのでしょう。そこへ新たに子宮系女子という種が植え込まれ、ぐんぐん育ったようです。現在は子宮系仲間と謎の集いに通い、ご自身も謎のご利益を謳うスピリチュアルグッズをネット販売したりして、一見は〈キラキラ起業ママ〉のごとく、精力的に活動している模様です。

 子宮系女子と言えば、お金大好き、セックス大好きということを包み隠さずアピールする「ゲスさ」も特徴のひとつ。親子の会話でゲスネタがどう扱われているのかも、大変気になるところですが。

T「さすがに母から、積極的にセックスやマスターベーションしろとは言われませんね。子宮委員長的な自由な生き方はいいよね、常識にとらわれちゃダメだよね、みたいな精神論が多いです。でも〈下半身を温めること〉とりわけ〈おまたカイロ〉はよく勧めてきますよ。おまたカイロ、私はあんまり気持ちいいと思ったことがありませんし、あったかくなりすぎてムレたりするとカンジダとか引き起こしそうで怖いので、実践はしていません」

 Tさんは現在、結婚して実家から離れた土地に暮らしているので、日常生活で母の子宮系女子活動に悩まされるなどの〈実害〉は少ないそう。

T「それでも、家族がキラキラ演出の道具に使われることがあるとモヤっとします。私自身はどうでもいいのですが、私の子供、母にとっての孫を使われるのはちょっと。私が出産した時には病院へ来てくれたのですが、Facebookの投稿に一生懸命になっている姿が印象的でした。最近の心配は、仮想通貨マルチに手を出していることです。はじめは大変だ! と、仮想通貨を調べたりしていましたが、よく考えてみれば問題はマルチじゃなく、子宮系にハマったのが8割以上というか、もはや完全に元凶です」

 子宮委員長はことあるごとに、「仕事のドタキャンや不摂生不道徳散財etc. 世間的には非難されるようなことでも、自分が心から楽しいことをしてこそ、お金にも異性にも愛される! 自分軸で生きよう!」というお説を発信します。これがますます話が通じない原因になっていると、Tさんは分析。

T「母は、子宮系女子の生き方楽しい! の一環として仮想通貨マルチに手を出しているので、『儲かる! このシステムはすごい!』とかじゃなくて、『ワクワクするから』『直感でいいと思ったから』というのが購入動機なんですよ。だから金銭被害が相次いでいるとか儲からないとかの、理詰めの説得が通用しません」

 そんな母の活動を父はまったく理解できないと言い、元から会話の少ない夫婦ではあったけれど、子宮系女子への傾倒によってコミュニケーション不足に拍車がかかり、「両親が離婚するのも時間の問題だと思う」と語ります。

T「もともと性格の不一致が顕著な印象の夫婦でしたが、母が子宮系女子となったことで溝がさらに深まっているように思えます。ハマりはじめた当初は、家族関係を改善することに特化した〈あげまん道〉を謳う〈ちゃみさん※〉にハマっていたので、そこに留まっていれば、もしかしたら家族的にはまだ幸せだったかも」

※現在は子宮系女子の看板を下ろし、ファッションブロガーを名乗っている

◎自分のせいで母は…という罪悪感

T「ところがその後、さらに欲望に忠実で何でも自分最優先! がウリの子宮委員長に鞍替えしたので、夫婦関係だけでなく、世間との溝もどんどん深まっています。『毎月の支払いが重い』『貯蓄がない』などぼやくわりに、『はるちゃんに会いに行ってくるね!』とか言って頻繁に新幹線や飛行機を使う距離のところへ出かけていくので、家計も心配です」

 Tさん母の現状を見れば、子宮の声に従ってワクワクすることを最優先しても、お金も愛もすべて得られるという〈ご利益〉がもたらされていないのは明らか。しかし同士が集う子宮系女子のコミュニティに居心地の良さを感じているようで、当分はやめる気配がないようです。

 Tさんが母の子宮系女子活動を知る手段は、主に電話での会話。母が「(子宮委員長)はるちゃんすごい!」と語るのを「へー、ほー」と聞き流すようにしているそう。そうやって適度な距離を保ちながら平静を保つようにしていても、母が子宮系女子で恥ずかしいという気持ちと同時に、「そもそもは私のせいでは?」という気持ちが常に湧き上がると話します。

T「母の人生は、苦労が多いと思うんですよね。大病を患ったり不妊に長年悩んだり。なんとか私を産んだものの、第2子は身体の都合で中絶せざるを得なかったと言います。子育ても苦労続きで、私は学生時代に精神病を患ってほぼ引きこもり。高校も大学も、なんとか私学へ進むものの、結局どちらもほとんど通えず退学してしまいました。そんな状況で姑は大の学歴至上主義。子供をいい学校へ進ませなくちゃというプレッシャーもすごかったようです。夫婦関係も常に微妙で、父は職に就くも、長くて4~5年で辞めがちで、さまざまな職を転々としています。さらにあまり性格が合わない夫とのコミュニケーションに難儀していたようですから、心も生活も安定することがなかったのではないでしょうか」

 そんな心の穴を補うのに必要だったのが、スピリチュアル。特に子宮委員長はやんちゃにもほどがある奔放な私生活をふりまくことから、「挫折を無条件に肯定してくれる」と思わせ、「母をより子宮系へと向かわせるバネになったのでは」とTさん。

T「こう挙げていくと、母も可哀想だったんだなと同情することに加え、最終的には『ただでさえ苦労が多かったところに、私のせいで子育ても失敗という駄目押しをしちゃったかな』という気持ちになり、責任を感じてしまうんです。私自身も価値観の揺るぎやすさや自己肯定感のなさは母から引き継いでしまったところがあるので、その克服が今非常に頭の痛い課題です。本当は、母の心配をしている場合ではないんですけど……」

 子宮系女子をはじめとした類似のスピリチュアル系ビジネスでは、教祖が婦人科系&精神疾患、流産死産、DV、毒親など涙を誘う過去を赤裸々に語るのもお約束。そこに共感するポイントを見つけると、「私と同じように悩んでいた人が、この方法で乗り越えて、今こんなにキラキラ活躍している!」と取り込まれていくのが定石。おそらくTさんの母も、まさにそのコースだったのでは。

 さらに子宮委員長は、〈家事育児しなくても、女は産むだけで母になれる!〉とネグレクトを増長させかねないお説や、〈カンジダの時こそおまたカイロで温めるべき〉だの医学的に問題がありそうな過激な情報を発信していますが、信者にはそれがますます魅力的に映るのだとか。

T「おもしろいですよね。めちゃくちゃなことを言っていても、『言いたいことが定まらず整合性がないのが人間らしい』『はるちゃんらしい』みたいに絶賛しています。『気分はふわふわ変わるもの』『周りを振り回したっていい、それでもあなたを好きな人はいる、ついてきてくれる』みたいな子宮教の教えが、無責任な行動も魅力にすり替えてしまうという。上手くできています」

 Tさんも、子宮系女子の教えはすべて否定! というわけではなく、「本音はどうなのか確認することを忘れずに」「自分で意思決定をして流されずにいよう」と解釈できる点などは、アリだと思うと言います。

◎安易に「子宮の声」を信じない

 しかしやはり、「物には限度がある」と苦言。

T「楽に生きるためのヒントは確かにあるでしょう。でもそれを遂行するにあたり、他人を害することになるならば疑問符です。子宮委員長を代表に、子宮系女子たちのやりたい放題は『自分を幸せにするためなら、なんでも許されるの?』と。また、教祖がプチ教祖を生みさらに信者を生み……みたいな、もはやネズミ講のような流れも、家族から見て本当に迷惑。信者にはありがたい教えだし教祖側も儲けてハッピー、お互いwin-winなのでしょう。でも、子宮系以外の人との溝はもっと深くなることを、声を大にして言いたいです」

 つらい過去とキラキラ生活をブログやSNSで発信し、有料の〈お話会〉やオンラインサロンを開き、時にはご利益を謳う手作り雑貨を販売する。店舗や資格、在庫確保など、一般的な〈起業〉に必要な初期投資はほぼ必要ないため新規参入の敷居が低いのが、スピリチュアル系ビジネス。Tさんの母のような〈とりまき〉で満足できず、なんちゃって教祖様になりたい! 活躍したい! と奮起する女性も多そうです。

T「母もプロフィールだけなら教祖を狙えるポテンシャルがあると思うのですが、そこまで図太い性格でもないので、その器ではありません(笑)。しかしまあ改めて、〈子宮の声〉とか言っているのが謎です。そこ、普通に〈本音〉で済む話ですよね。カルマ粒とか龍が見えるとか遠隔ヒーリングとか、意味がわからなすぎます。母を通じて子宮系女子を見ていると、大仰な言葉で特別感を演出し、人の心の闇全般を利用してやるという強い意志を感じます。私も自己肯定感が低いなど母と同じ悩みは抱えていますが、安易に子宮の声、直感、カルマ粒などといった言葉に頼らずに自分の感情を説明する努力をしていこうと思います」

 子宮系女子となった母を反面教師にすることで、自分の内面の問題と付き合っていこうと思う、と語るTさん。〈毒親〉と言うほどではないにせよ、自分の〈ワクワク〉が最優先という教えにハマってしまい、俗世の理屈が通用しなくなってしまった母と向き合うつらさや困難がよく伝わってきました。

※プライバシー保護のため、団体名や指名を一部改編させていただいています。

◎information

次回の「身内がトンデモになりまして」は、2018年1月に「妹がオーガニック教になりまして」をお届け予定です。当連載では引き続き、読者の皆様の「身内がトンデモになりまして」体験談を募集しております。山田ノジルにお話をお聞かせいただけるという方は、nojiruyamada@gmail.com へご連絡ください。

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

「子宮系女子」になった母、その原因が自分にもあるのではないかと悩む娘のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!