オスの性器を食らいながらピンク映画を鑑賞する、女の宴レポ【性器料理レストランガイド付き!】

 久しぶりに〈性器料理〉を食べました。ピンク映画を鑑賞しながら牛豚の〈サオ〉や〈タマ〉を食べるという、猟奇なんだかエロスなんだかよくわからない謎の女子限定イベントへ参加したのです。

 開催された会場は、東京・新宿三丁目の「新宿肉区 パンとサーカス」。通常メニューは牛・豚・鹿などの一般的な獣肉だけでなく、ワニやダチョウなどの〈マイナーミート〉もあり、さらに〈トドのルイベ〉〈フライドカラス〉〈マグロの目玉瓶詰〉などの不思議メニューも充実している、斬新なバルです。

 メニューに負けず内装も面白く、ネオン×サイバーでいてどこかレトロな感じも漂う近未来ビジュアルは、映画好きなら『ブレードランナー』の冒頭シーンを思い出すかも。それもそのはず、同店のコンセプトは〈近未来の廃工場で営む肉屋〉ですから。『ブレードランナー』ではうどんとともに〈深海魚丼〉を食していましたが(※ファイナルカット版で登場)、あのすごい見た目の謎料理がカウンターに並んでいたとしても全く違和感がないであろう、不思議空間です。※上記URLのお店写真入れてもよいかもです(勝手に使っても文句言われませんので大丈夫です)

 事前に告示されていたこの日のメインディッシュは、

・摩羅(豚・牛)の麻辣火鍋 ←ダジャレ!
・金玉(豚)の丸揚げ

 どちらも2月から始まった新メニューとのこと、通常営業時も注文OK。この2品をメインにした各種さまざまな料理を、最新のピンク映画「恋するプリンセス ぷりんぷりんなお尻」の上映とともに楽しもうという、女子限定の「ピンクシネマランチ」です。

エロスと珍味のマリアージュ

 同イベントで性器料理を〈夜のパワーフード〉と謳っているのは、中医学の〈同物同治〉からでしょう(肝臓が悪ければレバーを食べるなど、体の不調を治すには同じ部位を食べればよいという考え方)。ネットニュースによれば北京にも性器料理専門店があるとのことで、〈絶倫料理〉と表現されていました。つい、小金を持った中年たちが、ウハウハと料理をむさぼっているパワフルな光景を妄想……。でもそれ以上に、すごい光景が展開されるかも!?

 集まった女子たちの、まあきらびやかなこと。セクシー&キュートな店員さんを筆頭に、モード系のクールビューティ、エレガンスなマダム風、カジュアルなサークルノリetc. 幅広いタイプ(でも共通点はお美しい)の女子が前菜の虫料理をつつきながら(詳細は文末の追記にて!)談笑している、白昼夢のようなパーティ会場です。メインディッシュの性器料理は、上映作品の監督である吉行由美さんと、主演女優の羽月希(はづきのぞみ)さんのトークセッション後という流れでした。

「AVよりも歴史が古く、〈前張り装着〉であくまですべてお芝居である」(吉行監督)「ストーリーやユーモアがちゃんとあるところが魅力」(羽月さん)など、ピンク映画解説が展開され、エロスな作品を真昼間から観るということへのハードルがグッと低くなったところで……ドーンと〈獣の性器〉が丸ごと登場するというコントラストの激しい演出。

 イベントの司会進行とともに性器料理を解説してくれるのは、店の広報も担うイベントの仕掛け人・宮下慧さん。

〈摩羅(豚・牛)の麻辣火鍋〉は、牛&豚の〈マラ〉を八角やユリ根などを加えた白湯スープで煮て、花椒と唐辛子の麻辣タレとパクチーを散らしたもの。牛のイチモツを持ち上げながら、「トッポギみたいな弾力ですよ」と宮下さん。〈金玉(豚)の丸揚げ〉はアメリカ西部の伝統料理「ロッキー・マウンテン・オイスター」を参考に、豚の睾丸を香草入りのパン粉衣で丸揚げにしたそう。

 参加者へ配られる前に、まずは吉行監督と羽月さんの実食レポからスタート。ピンク映画の現場では人目に晒されないという〈イチモツ〉を、このお二方が掲げるという絵面はある意味、貴重かもしれません。

 トークセッションでは体調管理のため、「ダイエットはしない。ヘルシーなもの、好きなものをちゃんと食べておなかいっぱいにする」と語っていた、羽月さん。さすがの食べっぷりがお見事。そんな光景に背中を押されたか、切り分けられた〈マラとタマ〉に続々と群がる女子たち。私の隣に座っていた女性は、豚のキンタマ揚げを食し、「ほんのり漂ってくる生臭さが……若いオスって感じ」という微エロ(?)な感想を口にしていました。

 まずいか美味しいかと聞かれれば、これは〈美味しい〉です。牛マラは、ほとんどが半透明のゼラチン質。ねっとりしつつブリュンとした歯ごたえで、完全に珍味の範疇でしょう。私は同様の食べ物である〈豚足〉はあまり得意ではないのですが、白湯スープで煮込まれた味わいと香り高いパクチーがあわさったこれは、ひたすらに〈口福〉。刺激的なだけじゃないスパイスの深い味付けが、たまらない!

 豚のタマはレバーに似たコクがあり、しかもそれをフライにしているので〈若者向け〉といった印象。夜の生活をサポートしてくれる〈パワーフード〉なんじゃなくて、これをモリモリ食べられること自体がパワーだろ。しかしビールがグビグビ進んでしまう系のお味で、疲れた中年の胃袋にも意外とすんなりおさまってくれました。

性器料理を食せるお店いろいろ

 私は食べ物にあまり感情移入できないタチなので、「マラを食べるなんて痛そう〜!」という類の感想はないのですが、〈お姫様抱っこ〉や〈お忍び中の危険な恋〉〈愛情たっぷりベッドシーン〉など女子の憧れ的要素をこれでもかと詰め込んだピンク映画を鑑賞している間、〈タマ〉の香りが胃からほわんとせり上がってくるという全くロマンチックじゃない状況の面白さは、なかなかの味わい深さでした。

 このほか都内で食べられる〈性器料理〉は、同エリアの新宿なら「上海小吃」の牛ペニス煮込みや、「朝起」が出す〈豚のキンタマ刺〉があります(※いろいろな規制により、現在は調理法が変更されている可能性アリ)。正直これらはオススメ! とは言いがたく、上海小吃のものはスパイスを使いすぎて肝心の〈マラ〉そのものを味わう余地がないし、朝起の刺身は独特な水っぽさでイマイチ感が否めないんですよね。

 逆に最高だった〈マラ〉は、下北沢のホルモン屋「肉人(にくんちゅ)」で食べた、〈キンツル(豚のサオ)〉。縦にカットされ、さらに火を通しやすくするため、ウインナーのように横に浅い切込みを入れられたサオを網で炙ると、コリコリした歯ごたえでいてやわらかい肉質、そしてうまみもたっぷり。最上級に改良された砂肝がもしもあったらこんな感じかも。何度も追加注文してしまい、あれは、すっかりハマったものです。

 マイナー食材はファーストコンタクトで舌に合わないと、〈そういうもの〉だと決めつけてしまいがちですが、実際はメジャーな食材と同じく料理法にもよるし素材の個体差もあるでしょう。特に珍味はお値段もそこそこするため「またつまらぬものを食ってしまった」という悲しい思いをすることも少なからずありますが、気持ちと財布に多少の余裕があるならば、数回はトライしてみてもいいんじゃないかなと思います。「ホームパーティでふるまってみたいわあ」なんて奇特な方は、Amazonでも牛のペニスが売られていますから、ぜひ。※ちなみにこの店は、よく〈ワニの手羽先〉を購入するのに利用しています。

 性器料理といえば、ピーター・グリーナウエイの『コックと泥棒、その妻と愛人』なんて映画もあったけど、ああいった耽美なカタルシスはみじんもなく(そもそもあちらは人肉なので比べようがないですね)、今のところ、何度食べてもその感想は「要はホルモン」。感想というより、単なる事実?

(虫食いライター・ムシモアゼルギリコ)

追記という名のおまけ情報

 系列店の「米とサーカス」(高田馬場)は最近昆虫食推しなので(筆者も時々ご協力させていただいてます)、今回のイベントにも虫料理が登場。これも〈パンとサーカス〉の近未来間にベストマッチ!

 形成された雑穀+ひき肉の上に、アリの卵をトッピング。ドレッシングの爽やかな味付けが、コクのあるアリの卵を口当たりよく仕上げていて、虫食い初心者にもお勧めできる味わいでした。コオロギパスタは、パスタにコオロギの粉末が練りこんである、昆虫食界でも新しいアイテム。ノーマルなパスタよりも、風味が豊かです。

 どちらも見た目も味もマイルドに口あたりよく仕上げてあったので、参加者のオシャレ女子たちが「虫どこどこ?」なんて〈虫らしさ〉を探し求めていたシーンも。さすが、好奇心旺盛な女子の集まり。

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

オスの性器を食らいながらピンク映画を鑑賞する、女の宴レポ【性器料理レストランガイド付き!】のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!