女による女子アナ論

田中萌、伊藤綾子、松村未央の“バレちゃった”素顔――2016年「女心をざわつかせた」女子アナベスト3

 タレントとは一線を画し、テレビでは一歩引いた存在であるべきといわれる女子アナだが、彼女たちのプライベート事情に興味を示す人は大勢いる。2016年も、数多くの女子アナの熱愛や結婚、離婚などが話題をさらった。今回は、女子アナをウォッチし続けてきたライター・仁科友里氏が、今年“プライベートで注目を浴びた女子アナ”の中から、女心をざわつかせた人物ベスト3を選出。報道やテレビで明かしたトークにより、“バレちゃった”彼女たちの素顔を考察する。

第1位:田中萌(テレビ朝日)
「共演中の先輩アナと不倫」ご法度をやらかした田中アナ

tanakamoe1221
田中萌オフィシャルブログより

 「週刊文春」(文藝春秋)に、共演中の先輩アナウンサー・加藤泰平との不倫をバラされちゃった田中アナだが、女子アナの不倫というのは実は珍しいことではない。

 例えば、フリーの安藤優子は2回の結婚歴があるが(一度目は広告代理店勤務の男性、二度目はフジテレビのプロデューサー)、どちらも安藤のマンションに男性が通う姿を写真週刊誌に激写されており、その際、男性は既婚者だった。元TBSの有村かおりも、既婚者である外交官との不倫路上キスが写真週刊誌に載ったものの、この男性と略奪婚を果たした。つまり不倫関係からの結婚という可能性は否定できない。

 このほかにも、元フジテレビの有賀さつきは、フリー転身直後、所属事務所社長との不倫を写真週刊誌に撮られ、「彼を愛している」「彼の子どもを産みたい」と発言、激しいバッシングにさらされ、一時テレビから消えた。さらに元TBSの青木裕子も同局ディレクターとの不倫をすっぱ抜かれたことがある。フリーの山本モナに至っては、民主党の代議士・細野豪志との京都旅行と路上キスを写真週刊誌に、読売巨人軍の二岡智宏選手とラブホテルに入っていく姿を女性週刊誌に撮られ、番組を降板している。

 ざっと思い出すだけで、これだけある不倫話だが、今回のケースが稀なのは、「同じ番組に出ていたアナウンサーが相手である点」と「LINEのやりとりといった不倫関係をダメ押しする細かい証拠が記事になっている点」である。週刊誌は、基本的に情報元を明かさないので、まったくの推測だが、状況から考えると、両アナウンサーに近い人物がタレこんだと考えるのが自然だろう。新人ながら、エースの呼び声高かった田中アナへの嫉妬なのか、それとも既婚者でありながら、田中アナの心と体を都合よく使っていた加藤アナへの怒りからなのかはわからないが、バレちゃったのは不倫関係ではなく、どちらかまたは2人の人望のなさであろう。

綾子の匂わせ芸は笑わせてもらいました

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

田中萌、伊藤綾子、松村未央の“バレちゃった”素顔――2016年「女心をざわつかせた」女子アナベスト3のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女子アナアナウンサー女のためのテレビ深読み週報のニュースならサイゾーウーマンへ!