【連載】知られざる女子刑務所ライフ1

知られざる女子刑務所ライフ 元女囚が明かす厳しい実態

nakanorumi1
中野瑠美さん

 覚せい剤の使用や密売などで逮捕起訴され、通算12年を塀の中で過ごした後、その経験を基にさまざまな活動を続ける中野瑠美さんが、女子刑務所の実態を語る。刑務所や拘置所など刑事収容施設への差し入れ代行業でテレビ出演し話題になった中野さんは、現在、大阪・堺でラウンジを経営、収容者や家族の相談に乗っているほか、日本財団による元収容者の就労支援策「職親(しょくしん)プロジェクト」にも携わっている。

■後悔をムダにしないために

 はじめまして、中野瑠美です。ムショ帰りを隠さず、むしろ同じようなつらさを抱えた人たちに寄り添いたいと思って、会社を作ったり、覚せい剤についてメディアにコメントしたりしています。そして、おかげさまで2016年春には念願のラウンジを故郷の堺にオープンできました。実は逮捕される前にも経営していたのですが、懲役ですべてがダメになってしまったのです。

 本当に、愚かなことをしました。なので、この私の経験をムダにしないために、いろいろな形で情報を発信していきたいと思っています。もちろん刑務所には入らないほうがいいに決まってますが、読者の皆様が万が一の際には「経験者」としてなんでも相談に乗りますので、お気軽にご連絡ください(笑)。

 では、そもそも刑務所とは、どんなところなのでしょうか? 第1回はそんなお話から始めたいと思います。

■そもそも「刑務所」とは?

 刑務所とか拘置所という名前は皆さんも耳にすることがあるでしょうが、違いなどはご存じないと思います。まず、覚せい剤や傷害などの「刑事事件」で警察に逮捕されると、警察署の留置場に留置されます。そして、取り調べの後に起訴されると拘置所、そして、刑が確定すると刑務所に収容されます。

 拘置所までは刑が確定していないので、「未決囚」としてわりに自由な生活が送れます。もちろん「看守」に見張られてはいますが、ジャージなどの私服がOKで、差し入れ屋さんでお菓子やお弁当、雑誌なども買えます。面会や手紙も毎日1回ずつ許され、工場などでの労働(刑務作業)もありません。同じ部屋(8人くらい)の人と大笑いしながら話もできますから、「いじめ」とかに遭っていない限り、楽しく過ごせる場所です。

 もちろん規則は厳しいです。お化粧はダメですし、首吊り自殺をしないようにパーカーやスウェットパンツのヒモを外すとか、ショーツはレースつきやTバックなど華美なものはダメなどの決まりがあります。最近ではラインストーンやボタンがついた下着、短すぎる短パンなどもダメですね。

 また、手紙を書いたり、ものを買ったりするのは基本的に「願箋」(がんせん)という用紙に必要事項を記入します。これがめんどくさいです。字が汚いと却下されることもあります。薬を飲む場合も、いちいち願箋に書いて飲むところを確認されます。飲んだフリをして溜めておいて、一気に飲んで自殺を図ることもあるからなのだそうです。

 そして、刑務所は拘置所と比べものにならないくらい何をするにも、とにかく「不自由」です。刑が確定して「既決囚」になると、舎房着(いわゆる囚人服)を着せられ、男性は丸刈りにされます。手紙や面会も、多くて月に4回程度になります。手紙を出す相手も、関係をしつこく聞かれたうえで「許可」か「不許可」が決まります。そして、許可をもらっていないのに勝手な行動をしたら、一瞬で「調査&懲罰の対象」になります。

 1日8時間は無言で「刑務作業」ですから、おしゃべりもできません。面会も許可されている人としかできないので、情報交換も次第にできなくなって、「浦島太郎」となっていきます。

想像以上に厳しい世界

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

知られざる女子刑務所ライフ 元女囚が明かす厳しい実態のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 覚せい剤知られざる女子刑務所ライフのニュースならサイゾーウーマンへ!