今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

女性問題に揺れる巨人・原監督、一億払って世間からの失笑をお買い上げ?

haratatsunori.jpg
『原点―勝ち続ける組織作り』
(中央公論新社)

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎おとぼけキャラを貫けばよかったのに
 「私が一億円払った相手は、断じて反社会的団体ではありません!」って、一億は払ったんかい、と全国民からツッコミが入った巨人・原辰徳監督。数百万ならともかく、「1人の素人女性」に払う額として「いちおくえん」ってのは、あんまり現実味がないと思うけど。もし本当にそうなら、贈与税はどうした。

 この話を聞いて、昔、巨人軍の宿舎だったホテル竹園芦屋で、巨人選手と彼ら目当てのバイトとが、毎回もうそりゃ大騒ぎだったって話を思い出した。レイプ騒ぎもあったとかなかったとか。「あのバイトも、清武(英利)が用意したハニートラップだった」とか言い出しかねないけど。なんでもかんでも清武のせい。今期優勝できなくても「清武さんのことが気になって、注意力をそがれたから」とか言って訴訟しかねん。

 しかし、裁判で「一億円を支払った相手は、反社会的団体ではありません」という判決が出ても、原のイメージはまったく回復しないと思うが。「昔のことだから忘れちゃった。ボクわかんな~い」って対応が正解だったと思う。ああ、原ならそうだな、と皆納得したのに。

◎その嘘くささを消臭せよ
 自分の会社にあったダイヤモンドを、芳香剤の消臭ビーズにすり替え換金していた会社員が逮捕されたそうな。手芸店とかで売ってるガラスのダイヤじゃなくて、「消臭ビーズ」ってところが、なんか豪快だな。犯罪はいかんが。

 長谷川理恵も、本当に「ダイヤの大きさにこだわらなくなった」のなら、証拠として婚約指輪のダイヤをはずして、無香空間でもハメてみちゃどうか。意外とレディー・ガガとかが目を付けたら、はやるかもしれない。「ダイヤに払うお金があったら、私はそれをほかのことに使いたいの。ムコウクウカン、サイコー!」なんつって。小林製薬の株価も上がったりしてな。だが長谷川理恵の株が上がる日は永遠に来ないだろう。何やっても無効空間。ダサいオチ。

◎友引だけは避けてよね
 「最近、『離婚式』が増えています」というネタを扱っていた、フジテレビの『ノンストップ!』。司会のバナナマン・設楽が「えー、知らなかった。こんなことするんですか!? へえ~」と驚いてみせていたが。いくらなんでも「離婚式」くらい知ってるだろう。トボけ過ぎ。

 それはともかく、いまだ芸能界で離婚式が行われたことはないが、その第一号として、高嶋政伸と美元ほどふさわしい2人はいないと思う。結婚式を行ったのと同じホテルの宴会場に、いつも美元のバースデーパーティに呼んでいた大勢の客を招待して。供される豪華なメニューには、もちろん高嶋家のカレーもあり。

 「美元と別れられないと、僕の幸せはもう永遠に来ないと思って」とむせび泣く政伸。「でも顔を見られてうれしい」と美元も涙。

 最後の共同作業である結婚指輪の破壊の後は、すぐにコメ兵が地金とダイヤを下取り。その額も入れて、美元への慰謝料授与式(現ナマ積み上げ一括払い)。別れた後の美元の新居へ、家電もプレゼント(byヤマダ電機)。高嶋家の父母の「とにかく良かった」という挨拶と、美元の親へのファーストクラスチケット贈呈(片道)。

 最後は美元からのブーケトスを、何故かはるな愛が受け取り、全員で一本締めで式次第終了と。どうだろうか。「芸能界で初の式をハデにやるんだよ」つったら、意外と「えー、やりたいかも~」なんつって、すんなり同意しそうだ。美元って、そういうケがあるから。芸能生活なげうってでも検討してみて下さい。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

女性問題に揺れる巨人・原監督、一億払って世間からの失笑をお買い上げ?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 週刊ヒトコト斬りのニュースならサイゾーウーマンへ!