今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

プロモーション活動で必死なSMAPが、ありがたさより憐憫を喚起するワケ

smap-03.jpg
紅白出れるのはいつまでかな?

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎そこでも張り切るキムタク
 新アルバムやらコンサートやらの宣伝で、電波ジャック状態であちこちテレビに出まくっていたSMAP。『お願いランキング』(テレビ朝日系)にまで出てた。以前ならば、こうした泡沫番組への出演は「SMAPさまが降りて来てくだすった」というありがた味を伴うものだったのに、今は「あーあ、お願いランキングにまで出ちゃってるよ」という憐憫しか喚起しない。草なぎなんか、去年の「事件」の話まで自分から口火切ってたのに、大して話題にもならなかったしな。この「話題にならない」ということがまた、「大物SMAPへのマスコミの配慮」ではなく、「人気減」が理由になってる気がするのがまた哀しい。本当に哀しいのか。

◎でも表向きは愛すべき”さんまちゃん”
さんまのナイナイ岡村についての「無期懲役……いや無期休業になったわ」というギャグには何の毒も感じない。しかし、病名について未だ正式発表がされておらず「いわずもがな……」な空気が漂う中、思いっきり「精神的なストレス」を病因に挙げてしまう、あの無神経はすごい。この後輩殺しが。

◎外見で判断するな、って言うじゃん
とにかくまだまだいろいろ話題がつきない名古屋場所。新たに高田みづえのダンナが「実業家の方だと思ってました」会見を開いてた。今更そんな枝葉の部分つついてもしょーがないのに。根幹の部分でズッブズブに混じり合ってんだからさ。
 そんな名古屋場所であるが、ダイジェスト放送を見てると、何かこう画面がおしなべて貧相。映り込んでる観客の平均年収が、これまでと比べて6割減、な感じ。着物とかスーツとか、高そうな服着てる人がほとんどいない。「そのテ」の人間を徹底的に排除した結果、「田舎の相撲好きのお年寄りが、普段着で気軽に見に来られる」となったのなら、少しは目指す道に近づけたのかもしれない。ともっともらしくまとめてみた。
しかし会場に行ってた金髪にヒゲの中年男性の知人(刺青風ド派手和柄Tシャツフリーク・やくみつる似)が、場内で係員ぽい人に「ご職業は」的なこと本当に聞かれたらしいからな。だから本当に悪い奴は、そんなわかりやすいチンピラなカッコしてないんだって。本気で「そのテ」の人だと思ったのなら、それはそれでアレだし、単に「駆逐してます」という外面の帳尻合わせのためにやってるならそれもまた問題アリだし。……結論。目指す道はまだまだ遠いな。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

【バックナンバー】
こちらの想像をかき立てる、吉永小百合の思わぬCM
薄暗い部屋、真っ黒な革のソファー……「大相撲」番組の思わぬ失態
見る度に心がざわつく、妻夫木聡の新 CM

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

プロモーション活動で必死なSMAPが、ありがたさより憐憫を喚起するワケのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 今井舞週刊ヒトコト斬りのニュースならサイゾーウーマンへ!

ジャニーさん お誕生日おめでとうございます
ジャニーさん お誕生日おめでとうございます