漫画レビューのニュース記事、情報、ゴシップまとめ|サイゾーウーマン

漫画レビューの記事一覧

190件
漫画レビューのカテゴリー

漫画レビューに関する記事の一覧です

[連載]マンガ・日本メイ作劇場第44回

『せいせいするほど、愛してる』に見る、少女マンガで「恋愛と仕事」を両立する難しさ

 タッキーこと滝沢秀明の情熱的なエアギターに、異臭がするほどのクサいセリフ、そしてよくわからないシチュエーションでのチュー……舞台となるティファニーのイメ…

2016.09.18

続きを読む

『せいせいするほど、愛してる』に見る、少女マンガで「恋愛と仕事」を両立する難しさ

[連載]マンガ・日本メイ作劇場第43回

屈指の名作少女漫画『秘密-トップ・シークレット-』、作者が天才すぎたがゆえのある誤算

 最近はいろんな場所に防犯カメラが設置されるようになった。そのため、昔よりもだいぶ犯罪が早期解決するようになったのではないだろうか。遺体が発見されたときも…

2016.09.04

続きを読む

屈指の名作少女漫画『秘密-トップ・シークレット-』、作者が天才すぎたがゆえのある誤算

『なんかおもしろいマンガ』あります ~女子マンガ月報~【3月】

どん底・絶望・依存の果ての「希望」とは? 高浜寛『SAD GiRL』の残酷で美しい世界

 今さらあらためて語るまでもなく、薬物依存は恐ろしいものであります。元プロ野球選手の一件はもちろん衝撃的ではありましたが、しかしおそらく彼が薬物に手を出す…

2016.03.26

続きを読む

どん底・絶望・依存の果ての「希望」とは? 高浜寛『SAD GiRL』の残酷で美しい世界

[連載]マンガ・日本メイ作劇場第42回

迷作ドラマ『MARS』の原作はさらにヤバい!? 少女マンガの域をオーバーした青春物語の魅力

 Kis‐My‐Ft2・藤ヶ谷太輔と窪田正孝のダブル主演で、謎のBLシーンを振りまいている深夜ドラマ『MARS~ただ、君を愛してる~』(日本テレビ系)。も…

2016.03.19

続きを読む

迷作ドラマ『MARS』の原作はさらにヤバい!? 少女マンガの域をオーバーした青春物語の魅力

イイ子・悪い子・普通の子

ヒット漫画の新トレンドは「トリオ女子」!?  話題作に共通する女の友情の理想型とは?

 仕事に恋愛、お金、結婚や将来のこと……。アラサー女子が抱える悩みは尽きないもの。そんな迷えるアラサー女子をターゲットとした漫画は数多く、いまや一大ジャン…

2016.03.06

続きを読む

ヒット漫画の新トレンドは「トリオ女子」!?  話題作に共通する女の友情の理想型とは?

[連載]マンガ・日本メイ作劇場第41回

“女の体”を武器にのし上がる女王様――少女漫画的文脈から外れた『ダークネス』の惜しいところ

 女が自分の美貌と智恵を武器にのし上がっていく……。なんかあこがれないですか。自分の体に溺れた男を思いのままに操って破滅に追い込んだり、地位と財力を手に入…

2016.01.03

続きを読む

“女の体”を武器にのし上がる女王様――少女漫画的文脈から外れた『ダークネス』の惜しいところ

2015年まんが界事件簿【2】

2015年まんが界事件簿――【峰なゆか『アラサーちゃん』騒動】が知らしめたこと

 これはまったく愚かしい事件でありました。事の発端は8月、「ハツキス」9月号(講談社)で始まった田所コウ先生の新連載『コトコトくどかれ飯』に、峰なゆか氏が…

2015.12.31

続きを読む

2015年まんが界事件簿――【峰なゆか『アラサーちゃん』騒動】が知らしめたこと

2015年まんが界事件簿【1】

2015年まんが界事件簿――【東村アキコ『ヒモザイル』騒動】が象徴したヒエラルキー

2015年もマンガ界は大変に豊作でありました。その最大の成果が九井諒子先生の『ダンジョン飯』(KADOKAWA)であり、老若男女、マニアからライトユーザー…

2015.12.30

続きを読む

2015年まんが界事件簿――【東村アキコ『ヒモザイル』騒動】が象徴したヒエラルキー

『なんかおもしろいマンガ』あります ~女子マンガ月報~【9月】

“柴犬愛”が溢れる少女マンガ界のエース『わたしはあなたの犬になる』で犬欲を満たす!

 なぜかマンガ界(特に少女マンガ)では猫派が圧倒的に多く、猫マンガなら即座にいくつもの名作が思いつくのですが、犬マンガとなるときら先生の『まっすぐにいこう…

2015.09.30

続きを読む

“柴犬愛”が溢れる少女マンガ界のエース『わたしはあなたの犬になる』で犬欲を満たす!

『なんかおもしろいマンガ』あります ~女子マンガ月報~【9月】

東村アキコ『ヒモザイル』が炎上! 主婦&バリキャリ女子を攻撃する“勝者”目線の偏り

 2カ月連続で東村アキコ先生の話題で恐縮ですが、新連載の『ヒモザイル』(講談社「月刊 モーニングtwo」連載)がまたもや話題です。っていうか炎上しています…

2015.09.29

続きを読む

東村アキコ『ヒモザイル』が炎上! 主婦&バリキャリ女子を攻撃する“勝者”目線の偏り

[連載]マンガ・日本メイ作劇場第40回

「実は吸血鬼」「実は狼男」「実はペンギン」何度読んでも設定がわからない『純血+彼氏』

――西暦を確認したくなるほど時代錯誤なセリフ、常識というハードルを優雅に飛び越えた設定、凡人を置いてけぼりにするトリッキーなストーリー展開。少女漫画史にさ…

2015.09.21

続きを読む

「実は吸血鬼」「実は狼男」「実はペンギン」何度読んでも設定がわからない『純血+彼氏』

『なんかおもしろいマンガ』あります ~女子マンガ月報~【8月】

「誰の心もいらない」幸せを説く『プリンセスメゾン』、関係性の息苦しさをほぐす処方箋

 では現代のアラサー女性たちは、この苛烈な状況を甘んじて受け入れるしかないのでしょうか? いやいや、決してそうではありません。この息苦しい世界においてはな…

2015.08.31

続きを読む

「誰の心もいらない」幸せを説く『プリンセスメゾン』、関係性の息苦しさをほぐす処方箋

『なんかおもしろいマンガ』あります ~女子マンガ月報~【8月】

『東京タラレバ娘』はなぜ、結婚できない=「自己責任!」と女子を追い詰める?

 3巻の発売を機に、再び東村アキコ先生の『東京タラレバ娘』(講談社)に関する議論が活発化しつつあります。本書の強烈すぎるメッセージは一貫して「『結婚した…

2015.08.30

続きを読む

『東京タラレバ娘』はなぜ、結婚できない=「自己責任!」と女子を追い詰める?

『なんかおもしろいマンガ』あります ~女子マンガ月報~【5月】

宝塚マンガを超えて響く『淡島百景』、女子歌劇学校に渦巻くあこがれと憎悪に見える先

 帝王・柚希礼音の卒業という一大イベントを以って、101周年を迎えた宝塚歌劇団はまた新たなサイクルへと突入いたしました。近年のこの盛り上がりによって観客数…

2015.05.23

続きを読む

宝塚マンガを超えて響く『淡島百景』、女子歌劇学校に渦巻くあこがれと憎悪に見える先

『なんかおもしろいマンガ』あります ~女子マンガ月報~【4月】

『地獄のガールフレンド』で“いま”の問題を描く、鳥飼茜の「視点」の強さ

 「いま読むべきマンガ家は?」と問われたならば、先月ご紹介した『娘の家出』(集英社)の志村貴子先生と、そしてこの鳥飼茜先生とを真っ先に挙げることでしょう。…

2015.05.03

続きを読む

『地獄のガールフレンド』で“いま”の問題を描く、鳥飼茜の「視点」の強さ

『なんかおもしろいマンガ』あります ~女子マンガ月報~【4月】

なぜ、東村アキコのマンガは人の心を打つ? 読者を問う『かくかくしかじか』の強度

 「なんで○○が1位なんだ!」とか「なんで○○が入ってないんだ!」とか、賞やランキングに関してはブーブー言うことも含めてこそのエンタテインメントだと考えて…

2015.04.29

続きを読む

なぜ、東村アキコのマンガは人の心を打つ? 読者を問う『かくかくしかじか』の強度

娘と年老いた親の関係を考える

独身、一人暮らしの娘と老いた親との距離感を描く3作――“正解”のないそれぞれの選択

 娘と母の関係はややこしい。「母が重い」なんて言葉、最近でこそようやく公然と口に出していい雰囲気になったものの、母親に対してそんな気持ちを抱いていることに…

2015.04.26

続きを読む

独身、一人暮らしの娘と老いた親との距離感を描く3作――“正解”のないそれぞれの選択

[連載]マンガ・日本メイ作劇場第39回

種明かしナシのマジックで事件解決!? ツッコミどころしかない推理少女マンガ『マジシャン』

 今はあまり見かけないけど、昔は少女マンガ界にはホラーものが結構あった。「呪いのシリーズ」の曽祢まさことか、「りぼん」(集英社)でギャグマンガを描いてたの…

2015.03.29

続きを読む

種明かしナシのマジックで事件解決!? ツッコミどころしかない推理少女マンガ『マジシャン』

[マンガレビュー]

倒れた親は施設か家か、延命はどうする? 問いの中で“親の介護”を描くマンガ3冊

 親の介護はまだまだと思っていても、その日は前触れもなくやってくる。マンガの世界でも介護をテーマにした作品が昨今は豊作だ。作者自身のエピソードを綴った話題…

2015.03.28

続きを読む

倒れた親は施設か家か、延命はどうする? 問いの中で“親の介護”を描くマンガ3冊

『なんかおもしろいマンガ』あります ~女子マンガ月報~【3月】

『マリーマリーマリー』が描く、“足りない”“不完全”でも幸せな2人による幸福論

 色っぽいダメ男を描かせたら日本一! の勝田文先生の最新作『マリーマリーマリー』1(集英社)は、勝田先生の最高傑作になりそうな雰囲気が漂う、幸福感とグルー…

2015.03.23

続きを読む

『マリーマリーマリー』が描く、“足りない”“不完全”でも幸せな2人による幸福論

『なんかおもしろいマンガ』あります ~女子マンガ月報~【3月】

少女たちの自立を描く『娘の家出』――“伝統的な家族”の枠外にある家族の感情 

 東京都渋谷区が、LGBT(性的マイノリティ)のカップルに対して「結婚に相当する関係」と認める証明書を発行するというニュースは、各方面にさまざまなリアクシ…

2015.03.22

続きを読む

少女たちの自立を描く『娘の家出』――“伝統的な家族”の枠外にある家族の感情 

『なんかおもしろいマンガ』あります ~女子マンガ月報~【2月】

華やかでエロティックな遊郭を舞台に、花魁の愛と悲しみを描く『蝶のみちゆき』

 2015年1月は近年まれに見る当たり月でした。前編で紹介した九井諒子先生の『ダンジョン飯』1(KADOKAWA/エンターブレイン)を筆頭に、以下の2作も…

2015.03.07

続きを読む

華やかでエロティックな遊郭を舞台に、花魁の愛と悲しみを描く『蝶のみちゆき』

『なんかおもしろいマンガ』あります ~女子マンガ月報~【2月】

根拠ない自信と希望的観測の“ドリーマー男”をめぐる、女たちの来し方と行く末

 あっと驚くアイデアと高度な表現力とを惜しみなく詰め込んだショートショート集『ひきだしにテラリウム』(イースト・プレス)で、マンガ読みの度肝を抜いた九井諒…

2015.03.01

続きを読む

根拠ない自信と希望的観測の“ドリーマー男”をめぐる、女たちの来し方と行く末

『なんかおもしろいマンガ』あります ~女子マンガ月報~【年末年始編】

代表的マンガランキング『このマンガがすごい!2015』、順位より大事な“読み解き方”

 各種ランキングでにぎわう季節がやってまいりました。マンガにおいてはやはり『このマンガがすごい! 2015』(宝島社)が代表的なランキングであるといえまし…

2015.01.10

続きを読む

代表的マンガランキング『このマンガがすごい!2015』、順位より大事な“読み解き方”

[連載]マンガ・日本メイ作劇場第38回

覚せい剤で錯乱、監禁&抗議の絶食!! 『ベルばら』池田理代子の容赦ない学園ドラマとは?

 突然だが私が通っていた高校は、偏差値が特に高くもなく、かといって九九がわからないほど低くもなく、特筆するような面白いことのない、平凡な女子校だった。…

2014.12.13

続きを読む

覚せい剤で錯乱、監禁&抗議の絶食!! 『ベルばら』池田理代子の容赦ない学園ドラマとは?

『なんかおもしろいマンガ』あります ~女子マンガ月報~【11月】後編

宝塚・アイドルへの祝福にあふれる『かげきしょうじょ!』、今こそ読むべき名作の予感

 美少女にして無表情、そして孤高で不器用。どこか脆く影があり、しかしたまに見せる笑顔が抜群にかわいい。「ツンデレ」という言葉では説明しきれないほどの強い魅…

2014.11.20

続きを読む

宝塚・アイドルへの祝福にあふれる『かげきしょうじょ!』、今こそ読むべき名作の予感

『なんかおもしろいマンガ』あります ~女子マンガ月報~【11月】前編

『あれよ星屑』『あとかたの街』、本ではなくマンガだから伝わる戦争と愛と人間

 書店では相も変わらず愛国バカの三文小説や愚にもつかないヘイト本ばかりが幅を利かせておりますが、ことマンガにおいては多様な言論・表現の世界が繰り広げられて…

2014.11.19

続きを読む

『あれよ星屑』『あとかたの街』、本ではなくマンガだから伝わる戦争と愛と人間

[連載]マンガ・日本メイ作劇場第37回

イカ天を彷彿とさせる古くささに痺れる、アメリカ初の少女マンガ『Rock and Roll Love』

 日本に少女漫画が誕生して50年以上が経った。「オンナ子どもが読むもの」と蔑まれていた少女マンガだが、いまや日本を代表する文化の1つだ。特に近年、マンガ家…

2014.10.26

続きを読む

イカ天を彷彿とさせる古くささに痺れる、アメリカ初の少女マンガ『Rock and Roll Love』

『なんかおもしろいマンガ』あります ~女子マンガ月報~【10月】後編

少女と少年の“ちょっと大人になった”夏が鮮やかに満ちる、『子供はわかってあげない』

 『このマンガがすごい!』(宝島社)などのランキングは大抵が前年の10月からその9月までに発売された作品を対象とします。そんなギリギリ9月の、しかもギリギ…

2014.10.22

続きを読む

少女と少年の“ちょっと大人になった”夏が鮮やかに満ちる、『子供はわかってあげない』

『なんかおもしろいマンガ』あります ~女子マンガ月報~【10月】前編

相次ぐマンガ誌休刊の中、“売れるマンガ”の役割と少女マンガ誌の危ういスタンス

 マンガ誌の休刊が相次いでいます。しかも、よりによって先進的な雑誌ばかりが休刊してしまうのですからやるせありません。小学館の「IKKI」、集英社の「ジャン…

2014.10.21

続きを読む

相次ぐマンガ誌休刊の中、“売れるマンガ”の役割と少女マンガ誌の危ういスタンス

漫画レビューの記事一覧ページ。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップや劣化情報などをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!