あの女たちがまた再集結!!

ざわちんアンチによる、“合成鑑定”第2弾! 執念で導いた「顔ドロボー」への最終通告

 春の暖かさに、冬ごもりしていた虫が外へ出てくることを「啓蟄」(けいちつ)と言い、季節の移ろいを表す言葉として暦に記されているまさに今がその時期だが、そんな虫たちと同じくして芸能界にうごめく「顔ドロボー」こと、ざわちんもついに動き出したようだ。

「昨年10月、彼女のものまねメーク画像が『合成』であると画像解析業者に判定された記事が出た後、しばらくおとなしくしていたざわちんでしたが、平昌五輪の開幕と共に日本選手に便乗。高梨沙羅選手のものまねメークをしたり、ソチ五輪の時に披露した羽生結弦選手のメーク画像をブログに再掲するなど、積極的に活動しています」(芸能ライター)

 一方で合成の事実に関しては“完全黙秘”。そんな彼女に怒りを燃やした大手コミュニティサイトに集うアンチが、前回と同じく都内にある画像解析業者「コンサルティングMiMi」に新たな解析を依頼したという。

「同社は前回、人気モデル・MEGBABYのものまねメーク画像に対し『合成』という結果を下しました。今回、アンチは、より知名度のあるタレントを複数まとめて解析してもらおうと、昨年11月5日からネットを通じてカンパを開始。すると、わずか1カ月のうちに100人を超える有志から約30万円もの資金が集まったそうです。そんな豊富な資金をもとに、5人のタレントのものまねメーク画像の解析をオファー。嵐・大野智、GENERATIONS from EXILE TRIBE・片寄涼太、桐谷美玲、浅田真央という4人に加え、前回も鑑定したMEGBABYです。いずれも解析法は、前回より高精度の『3Dメッシュ判定』。平面の写真を3D化し、高低のある立体画像にすることで詳細に比較する手法です」(同)

■思わぬ大問題が浮上「ざわちんの無加工写真がない!」

 しかし、ここである問題が発生する。今回「MiMi」とやり取りしていた会社員の佐藤さん(仮名・30代)が明かしてくれた。

「カンパの募集中から、どの有名人のものまねメーク画像を解析してもらうか、みんなで検討していました。受付を終了する頃にはだいたい決まっていたのですが、実はその解析の元にするために必要な、ざわちんの無加工の正面写真が見つからなかったのです」

 つまりざわちんは、自身の写真にも全て加工していたのだ。そこでやむなく、同社は、彼女の“動画”からスクリーンショットした画像を元に、昨年12月21日から比較解析をスタート。年をまたいだ今年1月15日に調査を終えた。

■解析結果

 さてここからは、その「MiMi」から、依頼主であるざわちんアンチに直接届いた「報告書」、そして3D解析時の「画像」を、双方の了承のもと公開する。ただしここでは以下の通り、報告書の一部をわかりやすく説明する。また文中のアルファベットは、「画像」に割り振られている箇所と符合している。

 まずは嵐・大野だ。

使命に燃える女たちの戦いはいかに……!?

しぃちゃん



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

ざわちんアンチによる、“合成鑑定”第2弾! 執念で導いた「顔ドロボー」への最終通告のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズ女性タレント芸能ウラ情報のニュースならサイゾーウーマンへ!