仁科友里の「女のための有名人深読み週報」

コウカズヤ、週刊誌報道に見る「上原多香子というオンナ」を見誤っている点

1708ueharablog
上原多香子オフィシャルブログより

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな有名人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今回の有名人>
「ダメな男が好きな女に愛されるとつらい」コウカズヤ
「週刊女性」(主婦と生活社、1/16・23合併号)

 若くして夫を亡くした悲劇の妻。

 3年前にミュージシャンである夫・TENN氏が自死した際、残された女優・上原多香子に同情が集まった。自殺の原因は上原との収入格差とも言われたが、実際は舞台で共演した俳優・阿部力との不倫だった。TENN氏の願いで公表を控えていたものの、慰謝料を払おうとしない、勝手に籍を抜くなどの上原の誠意のなさに怒った遺族が、上原と阿部のLINEのやりとりといった不倫の証拠と共に「女性セブン」(小学館)で公表した。上原は「夫を死においやったオンナ」としてバッシングされ、休業に追い込まれる。

 現在の上原は阿部とも別れ、演出家のコウカズヤ氏と交際中。コウは人気の高い演出家ではあるが、小劇場を中心とした活動をしているので、収入の安定は見込めない。上原も現在は仕事をしてないので、収入はゼロ。上原はタワーマンションを引き払って、オートロックのないマンションでコウと同棲中であると、「週刊女性」(主婦と生活社)が報じた。同誌によると、コウは上原の不倫の過去を知らなかったそうで、「自分に彼女を支えられるか不安だ」「こういう仕事なので、正直結婚は難しい」と周囲に漏らしていたという。

 上記の発言をまとめると、コウは以下のように考えている可能性がある。

1.自分の不倫が原因で夫が自殺し、ショックを受けたはずだ。いろいろなストレスやトラウマを抱えている彼女を、自分は支えなくてはいけない。
2.同棲中で経済力もない彼女は、自分と結婚したいと思っているはずだ。

 コウが実際にこう考えているとしたら、理に適っているが、見落としていることが1つある。それは、上原を“フツウの女性”と一緒にしていることである。“フツウの女性”が何かを定義すると「原因と目的がはっきりしている女性」である。

 「ツラいことがあったら、男性に支えてほしい」「同棲するのは、結婚のため」「金銭的に余裕のある生活をしたいので、金持ちと付き合う」という思考は、典型的な“フツウの女性”のものである。

 それに対し、上原のような女性を、私は“フツウでない女性”だと思う。それは、忘却力が高く、原因も目的も必要とせず、何となくカンで生きていける人のことを指す。コウは上原の不倫を知らなかったそうだが、それは上原がメンタル面で不安定さを感じさせなかった証拠と捉えることもできるのではないか。もしそうなら、上原は恋愛をしても“男に支えてもらう必要がないタイプ”ともいえるのである。さらに言うと、自分の不倫で人の命が失われたことに、上原が本当に凝りていたら、不倫相手とも違う男性と簡単にくっつくことはしないだろう。やはり上原は“フツウの女性”ではないのである。

そういえばオボちゃんも「第二の瀬戸内寂聴になれる」って言われてたね

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

コウカズヤ、週刊誌報道に見る「上原多香子というオンナ」を見誤っている点のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女のためのテレビ深読み週報女のための有名人深読み週報のニュースならサイゾーウーマンへ!