仁科友里の「女のための有名人深読み週報」

岡田准一との不倫騒動、高岡奏輔との離婚でもダメージなし――“少女ビッチ”宮崎あおいの凄さ

miyazakiaoicc1227
宮崎あおいの手芸アピールは前々から匂ってたよ

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな有名人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今回の有名人>
「宮崎さんって、とてもおとなしい顔してるけど、女優さんって、すごくオトコだと思う」上沼恵美子
『上沼・高田のクギズケ!』(関西テレビ、12月24日)

 かつて明石家さんまが、『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)で、フリーアナウンサーの伊藤綾子を“魔性の女”と名付けたことがあるが、そうかなぁと違和感を持った。さんまの言う、魔性の女の定義は明らかにされていなかったものの、私に言わせるなら、魔性の女は「そうは見えないのに」という前提条件がつく。秋田美人で、我が我がと前に行くタイプでない綾子は、魔性の女というより、「典型的美人でモテる女」といった方が正しいのではないだろうか。

 綾子が魔性の女でないことを裏付けるのは、嵐・二宮和也との“交際匂わせブログ”である。国民的アイドルと付き合っている、もしくは結婚したいと思っているのなら、匂わせなんて相手の足を引っ張る行為を絶対にしてはいけないことくらい、十分オトナである綾子なら、わかるはずだ(相手のファンと事務所の上層部を怒らせると相手の立場が悪くなり、ひいては2人の仲も険悪になる)。

 ファンの神経を逆なでする行為がたたったのだろうか、最近は綾子を地上波で見かけることは、ほとんどなくなった。匂わせをしてしまったばかりに、仕事まで失うはめになった綾子は、魔性というより「気の小さい美人」ではないだろうか。

 私の思う魔性の女とは、“少女ビッチ”な人である。少女ビッチとは、行動はビッチだが、外見がいくつになっても少女じみているので、素行の悪さが相殺される女性の総称として使用している。V6・岡田准一と結婚を発表した女優・宮崎あおいは、日本代表レベルの少女ビッチであると私は思う(余談だが、宮崎の親友の女優・蒼井優も少女ビッチの系統だ)。

 宮崎は、俳優・高岡泰輔との結婚歴がある。素行がいいとは言えない高岡と宮崎が結婚した時、「オトコに免疫のない純情な宮崎が、エラいのに引っかかった」といった論調の週刊誌の記事を目にしたが、巷間でよく聞く“夫婦は同レベル”という観点から考えると、宮崎にも、やんちゃなオトコを受け入れる精神的な土壌があるのではないだろうか。

綾子、アンタはまだまだ甘かったってことよ

しぃちゃん

オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

岡田准一との不倫騒動、高岡奏輔との離婚でもダメージなし――“少女ビッチ”宮崎あおいの凄さのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女のためのテレビ深読み週報女のための有名人深読み週報のニュースならサイゾーウーマンへ!

オンナの[裏]掲示板人気トピック