太田啓子弁護士インタビュー第2回

相手がセックスに合意していたと思ったから無罪? 強姦罪の立件が難しい理由

相手がセックスに合意していたと思ったから無罪? 強姦罪の立件が難しい理由

 芸能人の強姦事件から職場のセクハラまで、女性の性的な被害が話題にならない日はない。なぜ被害はなくならないのか? セクシャルハラスメントの問題に詳しい、太田啓子弁護士に話を聞く。今回は、高畑裕太の強姦致傷罪での不起訴について解説してもらった。 (第1回はこちら) ■被害女性を傷つける、示談後の紛争蒸し返し ――セクハラ被害が問題になるたびに、男性側の勘違いがあらわになるケースも多い気がします。 太田啓子弁護士(以下、太田) たとえば9月...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

相手がセックスに合意していたと思ったから無罪? 強姦罪の立件が難しい理由のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! インタビューセクハラ性犯罪のニュースならサイゾーウーマンへ!