芸能界の警察が出動

ゲス乙女・川谷絵音、活動自粛の黒幕は“バーニング”!? 芸能界のドンに睨まれ「復帰困難」


川谷絵音インスタグラムより

 ついに活動自粛を発表した、ゲスの極み乙女。の川谷絵音。ベッキーとの不倫騒動から舌の根も乾かぬうちに、当時未成年だったタレント・ほのかりんとの飲酒疑惑を認めたことで、一時表舞台から姿を消すこととなってしまった。突然の活動自粛発表となった裏では、“芸能界のドン”による強いプレッシャーがあったという。

 川谷の所属事務所は今月3日、未成年者との飲酒を認めた上で、CDリリースの中止、また現状決定しているコンサートが終了した後、活動を休止すると発表した。

「しかしコンサートが中止になるならいざしらず、レコーディング済みの作品もいずれ発売されることを考えると、川谷サイドの赤字はまったくない。数億円の損害金を被ったといわれるベッキーに比べれば、『川谷の休業は屁でもない』『川谷は反省していないのでは』などと、業界内で批判されていました」(スポーツ紙記者)

 無傷ともいえるこの活動自粛だが、その裏には芸能界の大物が絡んでいたという。

「今後ほのかを稼ぎ頭として育てようとしていた所属事務所は、川谷のことが許せなかったようで、ツテを辿って“芸能界のドン”ことバーニングプロダクションの周防郁雄社長に、『川谷をどうにかしてほしい』と相談したそうです。そこで周防氏が、川谷の所属レーベルであるワーナーミュージック・ジャパンに働きかけをしたといい、ワーナーサイドは突然の要請に慌てふためいた。川谷所属のマネジメント会社SPACE SHOWER MUSICに『もはや川谷をかばいきれない』と通達し、その結果が、今回の活動自粛につながったといいます」(レコード会社関係者)

 その後川谷は、「ライブ中に2018年の復帰をほのめかした」という報道に対して、Twitter上で「2018年に復帰なんて言っていないし、MCの内容も前後を無視して捻じ曲げる。何でそうまでして嘘や憶測でニュースにするんだろうか」と苦言を呈していた。“ドン”に睨まれてしまった手前、果たして、活動自粛後、無事に復帰できるのか。今後も川谷の動向から目が離せない。

嫌われ者のドン、久々のグッジョブ?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク