前例もひどい!

キム・カーダシアンの強盗事件をモチーフにしたハロウィン衣装が販売され、大炎上!

KimKardashian07.jpg
こちらが通常のキム

 今月3日、パリの高級ホテルに宿泊していたキム・カーダシアンが、拳銃を持った覆面男たちに押し入られ、1,000万ドル(約10億3,000万円)相当の宝石類を盗まれるという事件が発生した。キムは「強姦される、殺されるかも」と覚悟したそうだが、犯人の目当ては、キムがSNSで自慢していた「450万ドル(約4億6,000万円)する2つ目の婚約指輪」を含む宝石類。キムは両手足を結束バンドやガムテープで拘束され、口をふさがれたが、危害は加えられなかったと報じられた。

 しかしキムは精神的に大きなダメージを受け、頻繁に投稿していたSNSの更新やリアリティ番組『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』の撮影も止まったまま。ひどいトラウマに苦しみながらも、家族のサポートによって必死に立ち直ろうとしているようだ。

 世間からも同情が集まっているが、「SNSにダイヤや高価な宝石の写真ばかり投稿している彼女が悪い」「自業自得」とバッシングする声も上がっている。キムはこのバッシングを「もっともだ」と重く受け止めているとのこと。「軽率だった」と反省しており、復帰後はSNSに宝石類の写真は投稿しないと心に固く決めたと伝えられている。

 そんな中、キムのパリでの拳銃強盗事件をネタにした、ハロウィン向けコスチュームが販売された。

 販売しているサイトは「COSTUMEISH.com」。ここでは「赤ん坊からお年寄りまで、みんなが楽しめる」バラエティー豊かなコスチュームを扱っている。ハロウィンらしいゾンビやおばけをモチーフにしたものから、スーパーヒーローなどのキャラクターもの、人気セレブになれるコスチューム、乳幼児向けの動物や食べ物のコスチュームなどなど、1万点以上の商品が取り揃えられており、20ドル(約2,000円)前後の商品も多いことから、人気サイトとなっている。そこで、キムの強盗事件を再現したコスチュームが販売開始となったのだ。

kimcostume.jpg
こちらが「パリの強盗事件被害者のコスチューム・キット」

 「パリの強盗事件被害者のコスチューム・キット」という商品名で販売されているこのセットには、キムが強盗に押し入られた時に着用していた短い丈のセクシーな白のバスローブ、奪われた20カラットの「2つ目の婚約指輪」のレプリカ、長い黒髪のウィッグ、さるぐつわに縄、キムがよくかけているような大きめの黒いサングラスが含まれている。サイトにはこれを身に着けたモデルの写真が掲載されているのだが、まるで「拘束されているキム」そのもの。

カオナシがいかに平和かがわかるわ~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  5. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  6. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  7. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  12. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  13. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  14. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  15. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  16. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  17. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  18. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. トランプ就任式はしょぼくてもOK!

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  5. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム