"噂の女"神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第335回】

井上真央の前に立ちはだかる、前事務所社長とジュリー&メリー氏の“女帝たち”

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

syujyo1004.jpg
「週刊女性」10月18日号(主婦と生活社)

 原発事故を起こした電力会社の賠償責任を限定的、有限に。上限を超えれば国民の負担に。こんな提示が内閣府から出された。事故を起こしても、人々の健康や生活をどんなに脅かしても、責任を持たない、金も出さない。でも再稼働は絶対したい。福島原発事故から5年半、そんな電力会社、原発行政がまかり通っている。

第335回(9/29~10/4発売号より)
1位「井上真央 松潤との“10 年愛”破局へのカウントダウン」(「週刊女性」10月18日号)
2位「やっぱりウソだったゲス川谷! 新恋人を隠した直撃、一部始終」(「週刊女性」10月18日号)
3位「櫻井パパ 大手通信事業会社4千万高額オファーを固辞『翔のため目立ちたくない!』」(「女性自身」10月18日号)

 4カ月ほど前、井上真央の事務所独立が話題になった際、真央と嵐・松本潤の結婚をめぐり、メディアは真っ二つに割れた。“独立を機に松潤との結婚に向け本格的に動き出した”というものと、真逆の “これで結婚は遠のいた”というものだ。

 後者の代表が「週女」だった。いわく、ジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長は不義理を嫌う。SMAP独立騒動でも明らかだが、真央が事務所を独立することをメリー氏は許さないだろう、と。

 そんな「週女」が、今週も松潤と真央の結婚について取り上げている。前回よりさらに踏み込み“破局へのカウントダウン”と題して。

 記事には、結婚は難しいとする論拠が、メリー氏の存在以外にもかなり具体的に示されている。しかし驚くのは、ある時期まで真央の事務所だけでなく、ジャニーズ事務所までもが2人の交際・結婚を視野に入れていたという情報だ。

 そもそも、真央と松潤の交際を応援してきたのが、真央の前事務所の女性社長であり、その女性社長とジャニーズ事務所の“次期社長”といわれるJさん(藤島ジュリー景子副社長)は親しい間柄なのだという。

「Jさんとしては、井上だったらゆくゆくは松本の結婚相手として0Kだろうと前向きにとらえていたんです」(記事内の芸能プロ関係者コメント)

 SMAP解散問題により、ジャニーズ事務所後継者としての立場が確定的になったジュリー氏が、2人の結婚に前向きだったとは驚きだ。だがしかし、真央が事務所を独立するとなれば話は違う。しかも、SMAP解散でジャニーズの屋台骨を支えるのは嵐。そんな嵐のメンバーである松潤の結婚は当分難しい。よって、結婚は白紙状態と「週女」は指摘している。

全世界の花男ファンを裏切らないで、ジュリ~~!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク