"噂の女"神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第335回】

井上真央の前に立ちはだかる、前事務所社長とジュリー&メリー氏の“女帝たち”

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

syujyo1004.jpg
「週刊女性」10月18日号(主婦と生活社)

 原発事故を起こした電力会社の賠償責任を限定的、有限に。上限を超えれば国民の負担に。こんな提示が内閣府から出された。事故を起こしても、人々の健康や生活をどんなに脅かしても、責任を持たない、金も出さない。でも再稼働は絶対したい。福島原発事故から5年半、そんな電力会社、原発行政がまかり通っている。

第335回(9/29~10/4発売号より)
1位「井上真央 松潤との“10 年愛”破局へのカウントダウン」(「週刊女性」10月18日号)
2位「やっぱりウソだったゲス川谷! 新恋人を隠した直撃、一部始終」(「週刊女性」10月18日号)
3位「櫻井パパ 大手通信事業会社4千万高額オファーを固辞『翔のため目立ちたくない!』」(「女性自身」10月18日号)

 4カ月ほど前、井上真央の事務所独立が話題になった際、真央と嵐・松本潤の結婚をめぐり、メディアは真っ二つに割れた。“独立を機に松潤との結婚に向け本格的に動き出した”というものと、真逆の “これで結婚は遠のいた”というものだ。

 後者の代表が「週女」だった。いわく、ジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長は不義理を嫌う。SMAP独立騒動でも明らかだが、真央が事務所を独立することをメリー氏は許さないだろう、と。

 そんな「週女」が、今週も松潤と真央の結婚について取り上げている。前回よりさらに踏み込み“破局へのカウントダウン”と題して。

 記事には、結婚は難しいとする論拠が、メリー氏の存在以外にもかなり具体的に示されている。しかし驚くのは、ある時期まで真央の事務所だけでなく、ジャニーズ事務所までもが2人の交際・結婚を視野に入れていたという情報だ。

 そもそも、真央と松潤の交際を応援してきたのが、真央の前事務所の女性社長であり、その女性社長とジャニーズ事務所の“次期社長”といわれるJさん(藤島ジュリー景子副社長)は親しい間柄なのだという。

「Jさんとしては、井上だったらゆくゆくは松本の結婚相手として0Kだろうと前向きにとらえていたんです」(記事内の芸能プロ関係者コメント)

 SMAP解散問題により、ジャニーズ事務所後継者としての立場が確定的になったジュリー氏が、2人の結婚に前向きだったとは驚きだ。だがしかし、真央が事務所を独立するとなれば話は違う。しかも、SMAP解散でジャニーズの屋台骨を支えるのは嵐。そんな嵐のメンバーである松潤の結婚は当分難しい。よって、結婚は白紙状態と「週女」は指摘している。

全世界の花男ファンを裏切らないで、ジュリ~~!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  6. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  7. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  8. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  9. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  10. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  11. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  12. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  13. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  16. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  17. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  18. 違法ギャンブル逮捕に狩野英孝が冷や汗
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?

オンナの[裏]掲示板人気トピック

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー