仁科友里の「女のためのテレビ深読み週報」

高橋真麻、非リア充キャラが綻んだ瞬間――カネの話ににじみ出た“セレブなお育ち”

masamasamasa.jpg
高橋真麻オフィシャルブログより

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな芸能人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今回の芸能人>
「そのお金は高島さんが支払うんですよね?」高橋真麻
『バイキング』(フジテレビ系、7月5日)

 やっぱり育ちは変えられない。フリーアナウンサー・高橋真麻を見ていると、そう思うことがある。

 真麻がフジテレビに入局したばかりの頃、いろいろな意味で物議を醸した。キー局の中でも、特に派手な女性を採用することで知られるフジだが、真麻のルックスはそちらの系統ではなかった。父親が高橋英樹という有名俳優だったことから、コネという“一種のズル”で入社にこぎつけたのではないかという見方が浮上する。

 コネ疑惑に対する“禊”として、真麻は『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)で、とんねるずからの“愛あるイジり”を経験する。熱湯をかけられる、鼻フックされ、一斗缶で殴られる。英樹も収録に立ち会い、娘の様子を見て笑う姿も放送された。ここには、番組側の「有名俳優の娘だからって、特別扱いしていません」というメッセージが隠されている。真麻側としても「これはいじめではありません(だから、親もこんな姿を見て笑っています)」「これで知名度が上がれば安いもの」とメリットがあるから引き受けたのだろうが、筆者のような究極の第三者として見ると、「顔がイマイチだと、ここまでやらないと仕事をもらえないのか」と暗澹たる気持ちになる。

 体を張る自虐的な芸風が評価され、真麻はたくさんの番組に起用されるが、前に出るほど、女性としての自信を失っていくというパラドックスにはまっているように見える。例えば、『千原ジュニアのへべれけ!』(東海テレビ)で真麻はアシスタントを務めており、千原ジュニアは「一番やりやすい人」と真麻を評価するものの、女性的魅力は低い人として扱っているようだ。

 ある回で真麻は、ゲストのおのののか、中村アンとともにジュニアに男性としての点数をつけた。おの、中村アンは低い点数をつけ、真麻は満点に近い高得点をつけるが、ジュニアは真麻を無視して、おのやアンとずっと話している。「私は高い点数つけたのに」と真麻がぼやき、ジュニアは謝罪するが、たとえバラエティだとしても「女性としての真麻に興味がない」という態度を取られるのは、少なからず自信喪失につながるのではないだろうか。

 そのせいか、真麻は『有吉弘行のダレトク!?』(関西テレビ)において、有吉との相性の良さを共演者に指摘されても、「演者に馴れ馴れしくしない」と、あくまでもビジネス上の関係であると自分に言い聞かせているようである。

非リア充ごっこは、セレブのお遊戯

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 『カウコン』意外な舞台裏
  5. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  6. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  7. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  8. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  9. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  10. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  11. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  12. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  13. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. キャラ変え好調の乙武洋匡
  16. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  5. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー