指原派は問題児集団?

“指原汚染”で「HKT48の空気は最悪」!?  AKB関係者が告発する「マネジャー3人辞職」の裏側

sashihararino01.jpg
「自称へたれ」が一番クセ者

 AKB48グループがシングル曲の選抜メンバー枠を競い合う「AKB48 45thシングル選抜総選挙 ~僕たちは誰について行けばいい?~」の開票が、18日に行われる。昨年、2013年以来2度目の1位を獲得したHKT48・指原莉乃は、1日付のTwitterで「私はみんなの敵」と、プレッシャーを感じている様子をみせた。

「今年の首位争いは、指原とAKB48・渡辺麻友の一騎打ちといわれています。渡辺は14年に初めて1位に輝いたものの、昨年指原に首位奪還を許してしまった。今年、指原が初の2連覇なるか、それとも渡辺が返り咲くのかが話題になっています。1日に都内で開催された『AKB48 選抜総選挙ミュージアム』のオープニングセレモニーに出席した渡辺は、『さっしーは全メンバーの敵』とライバル宣言。その後、1日時点での速報が発表されると、1位は4万2,034票で渡辺、指原は4万1,127票の僅差で2位につけていることがわかりました」(芸能記者)

 これを受けて、指原は「私はみんなの敵だから仕方ないのかな」と自らのファンを“煽る”発言を投下。そんな指原だがHKT人気を牽引しているのは事実で、速報では兒玉遥が8位、宮脇咲良が12位に続いている。

「そんなHKTですが、実はこの1年ほどでAKSから派遣されてきたマネジャーが、3人も辞めているんです。その原因は、指原をはじめとした有力メンバーが、スタッフをパシリ扱いするようになってしまったため。もともと指原が、マネジャーへの態度が悪く、それを下の子たちがマネし出したというわけなんです。指原本人だけでなく、まだ14歳の矢吹奈子など指原に気に入られている“指原派”の横柄な振る舞いは、ほかの一部メンバーからも問題視されています」(AKB関係者)

 特に女性の若手マネジャーがついた際には、たったの数カ月で辞めてしまったという。最近も、また新たに1人補てんされたというが、辞めるのも時間の問題とみられているそうだ。

「指原はHKTの劇場支配人・尾崎充氏など、総合プロデューサー・秋元康氏にも口を挟めるようなスタッフには従順ですが、そうではない者を見分けて差別している。指原は総選挙の順位を気にするより、もっと自身の振る舞いを振り返るべき。HKT内の空気は、どのグループと比べても最悪ですよ」(同)

 総選挙で指原が連覇すれば、さらに力を増すことになるのは明らか。渡辺は、指原のトップだけでなく、HKTの“指原汚染”をも阻止できるだろうか?

アイドルではなく政治家の話を聞いているみたい

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  8. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  13. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  18. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  19. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  20. 『カルテット』視聴率左右するシーン

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 『カウコン』意外な舞台裏
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー