【醜聞!世界の女性富豪家】

30歳で時価総額1兆円! “女性版スティーブ・ジョブズ”のまやかし【醜聞・世界の女性大富豪】

Elizabeth Holmes.jpg

[File01]
エリザベス・ホームズ Elizabeth Holmes

経済力★★★☆☆
ゴシップ力★☆☆☆☆
男性人気★★★★☆
オシャレ度★★☆☆☆
カリスマ性★★★☆☆

国籍:アメリカ
年齢:32歳(1984年2月3日生まれ)
役職:セラノスCEO
学歴:スタンフォード大学中退
総資産:36億ドル(約3,900億円)
配偶者:独身
2016年「フォーブス」世界富豪ランキング:440位(全米154位、起業家世界8位・全米1位、全女性47位)

■ブロンドのリケジョが時価総額1兆円の起業家に
 「子どもの頃から注射針が怖かったの」

 彼女はいつもこう切り出した。注射は痛い。検査のたびに何度も血を抜かれるのはいや……。だから考えたの。なるべく痛みのない採血。指から採取するほんの一滴の血液で、日々の健康診断から糖尿病、遺伝子の解析に至るまで、数百の項目を一度にチェックできる技術。これをリーズナブルな価格で提供すること――美貌と才気あふれる20代、エリザベス・ホームズのキャッチーな言葉に、誰もが耳を傾けた。とりわけ「リケジョ」に免疫のない世のオジサンたちが彼女に注目した。男が知的美女に弱いのは、アメリカも日本も同様ということだろう。

 エリザベスはスタンフォード大学を中退して、自ら臨床検査のベンチャー企業「セラノス」を立ち上げた。そして30代を迎えた彼女は、本社のあるカリフォルニア州の薬局に、夢の血液検査キットの第1号を納入すると、大々的に発表したのだ。

「私たちの検査は痛みもなく、4時間で結果はスマホに届きます」

 整った美しい口もとから発せられる明瞭な言葉、未来の医療技術。誰もが耳を傾けた。

「今までよりもはるかに安価。所得の低い人でも利用できます」

 アメリカの医療業界は闇だ。公的な保険制度はない。貧乏人は医師にかかれない。だから低所得者に民間の保険加入の援助をする「オバマケア」が歓迎された。エリザベスが躍進する土壌は十分だったのだ。彼女の血液検査は大変な技術かもしれない。セラノス社に対する投資は莫大なものになっていく。彼女は富豪の道を駆け上がり始めた。

 エリザベスはマスコミに露出するたびに、黒いハイネックのセーターを身に着けた。露骨だが巧みなイメージ戦略。黒ハイネックといえば、アップル社を設立した稀代の実業家、スティーブ・ジョブズお決まりのファッションだからだ。

「第2のジョブズ」

 アメリカ人は熱狂した。医療革新の始まりに立ち会っているのだ。牽引するのはブロンドの美しきリケジョである。しかも、仕事に夢中で研究に没頭するあまり、結婚どころか彼氏もいない、どうも「おひとりさま」らしいという臆測もナゼだか喧伝され、投資家のオッサンたちを喜ばせた。

小保方さん、寂聴よりこっちと対談してくれや

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  7. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  8. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  9. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  10. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  11. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  12. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  13. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  14. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  15. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  16. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  17. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  18. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  19. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと