善人イメージしかないのに……

清原和博が明かした“俳優X”の薬物疑惑! 「嵐、SMAPと共演の大物」「紅白出場も」

2016shabu.jpg
Photo by Stavros Charakopoulos from Flickr

 17日に開かれた、覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された清原和博被告の初公判と前後して、ネット上で、覚せい剤使用疑惑の俳優・Xの存在が取り沙汰されるようになった。同週発売の「週刊アサヒ芸能」(徳間書店)、「フライデー」(講談社)が立て続けにXの“疑惑”を報じており、逮捕も時間の問題とされているが……。

 大河ドラマへの出演歴があり、また歌手としては『NHK紅白歌合戦』に出場したというX。現在でも、ドラマや映画、舞台と幅広く活躍しているということから、ベテランかつ超大物芸能人であることは間違いない。


「清原やCHAGE and ASKAのASKA、また酒井法子らについては、逮捕当時には第一線で活躍しているとは言い難かった。しかしXに関しては、今年に入ってからも多数の作品や番組で活躍しているだけに、万一のことがあれば、それこそ過去最大級の衝撃が走ることでしょう」(週刊誌記者)

 Xは近年、所属事務所の薬物検査を「なんで俺がやらなきゃいけないんだ!」と、真っ向拒否したといわれる。また、今回清原は警察の取り調べに対し、著名人の覚せい剤使用者としてXの名前を挙げ、すでに行動確認(対象者を尾行し、立ち寄った先や面会した相手などを押さえること)が行われたという情報もある。さらにXは過去、都内の風俗店を“出禁”になるなど少々物騒なウワサが浮上していたことも。

「誰もが知る超有名芸能人だけに、メディア側もXの取り扱いについては慎重にならざるを得ません。ここ最近でも、嵐やSMAPのメンバーなどジャニーズ事務所の人気タレントとも共演しているXだけに、もし逮捕という展開になれば、芸能界全体が大混乱に陥ることは必至です。まだ“疑惑”でしかありませんが、この話が広まれば、今後テレビ局やスポンサーがどう判断するかによっては、これまでのような露出は難しくなっていくかもしれません」(同)

 著名人が薬物で逮捕された際には、ほかの“常習疑惑”タレントの名前が、必ずといってよいほど氾濫するもの。しかしXに関しては、警察を含めた大勢の関係者がその“疑惑”を確認する段階に入っているといわれるだけに、今後少なからず動きはありそうだ。果たしてその結末は――?

清原、もうこうなったら全部言っちゃってよ!!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  6. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  7. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  8. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  11. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  12. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  15. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  16. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  17. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  18. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. GENKING、元カレ質問で大失態

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー